&size(24){''\iiiDrawline''};~
 座標空間に折れ線を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#i93e9155]
emathPk.sty

*書式 [#hb16343f]
\iiiDrawline<#1>#2
-#1: key=val 形式のコンマ区切りで並べます。
-#2: 点列
     #2 に与えられた点列を線分で結んでいきます。
-#1 に有効なkey は,
:arrowheadsize| 矢印のサイズを変更します。
:dashLG| 破線の形状を指定します。
:hasenLG| 破線の形状を指定します。
:idou| 平行移動をします。
:iro| 折れ線に色をつけます。
:linethickness| 線分の太さを変更します。
:Oval| 折れ線の角を丸くします。
:oval| 折れ線の角を丸くします。
:sensyu| 線種を変更します。
:yazirusi| 折れ線の始点・終点に矢印を付加します。

以下,emathPs.sty で定義されるpsZahyou(*) 環境特有のオプションです。
:arrowsize| psZahyou(*) 環境における鏃のサイズを変更します。
:dash| psZahyou(*) 環境における線種を変更します。
:kuromaru| 折れ点に黒丸をつけます。右辺値に\Kuromaru につけるオプションを記述することも出来ます。
:hasenLG| psZahyou(*) 環境における線種を変更します。
:linecap| 開いた端点処理
:linejoin| コーナー補正
:vmark| 折れ点に配置する記号を指定します。

*関連事項 [#dd091464]
-[[\Drawline>Drawline]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS