&size(24){''\iiiHenKo''};
 座標空間 ((ps)zahyou(*)環境) に辺弧 (\HenKo) を描画します。
#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#f860f689]
emathPk.sty
*書式 [#z53b0b57]
 \iiiHenKo[#1]<#2>#3#4#5
   #1: 弧を点線にする場合,点の個数(*を指定した場合は,一任)
   #2: \HenKo の key=val をコンマ区切りで並べます。
   #3,#4 : 辺の両端点
   #5 : 配置する文字列
-両端の点 #3, #4 を平面座標に変換したものをそれぞれ #3', #4' として~
  \HenKo[#1]<#2>{#3'}{#4'}#5~
を呼び出します。
*例 [#q1f63b2a]
**基本例 [#a42f8d57]
 \iiiHenKo は,端点1 から端点2 への進行方向右側に辺弧を描画します。
#ref(iiiHenKo01.png)
 端点の順序を逆にすると,反対側に描画します。
#ref(iiiHenKo02.png)
**円弧を点線で描画 [..] オプション [#n9a87a62]
 辺弧を点線にするには,オプション[..] で点の個数を指定します。
#ref(tensen01.png)
 [..] における点の個数は,線分の長さに応じて増減させます。
 面倒なときは [*] として,その個数を TeX に任せることも
 可能です。
#ref(tensen02.png)
**円弧を破線で描画 <hasenLG=..>オプション [#hasenLG]
 円弧を破線で描画するのが
   <hasenLG=..> オプション
 です。このオプションは \Enko コマンドに引き渡されます。
 詳細は \Enko コマンドのページをご覧ください。
#ref(hasenLG01.png)
**円弧に色 <henkocolor=..>オプション [#henkocolor]
 円弧に色をつけるには
   <henkocolor=..> オプション
 を用います。右辺値はカラーネームです。
#ref(henkocolor01.png)
-文字列のほうに色をつけるのは,emath とは無関係にできます。文字列に~
  \color{...}~
を前置するまでです。

#ref(henkocolor02.png)
**辺弧に矢印 <yazirusi=..>オプション [#yazirusi]
 <yazirusi=.> オプションで,辺弧に矢印をつけることが出来ます。
 右辺値は
   a : 終点に矢印
   r : 始点に矢印
   b : 両方に矢印
#ref(yazirusi01.png)
**辺弧と線分の距離 <henkoH=..>オプション [#henkoH]
 辺弧と線分の距離 -- 辺弧の中央と線分の距離は,
 デフォルトでは 1.6ex となっています。
 これを変更するオプションが
   henkoH=..
 です。
#ref(henkoH01.png)
-このオプションは当該 \HenKo に対してのみ有効です。~
広範囲に変更するには,[[\henkoH>henkoH]] コマンドを用います。
**文字列位置の調整 <putoption=..>オプション [#putoption]
 文字列が長いときなど、文字列を動かしたいときがあります。
 このためのオプションが <putoption=..> です。
 右辺値は,\Put の配置微調整オプションです。
#ref(putoption01.png)
**文字列の回転 <henkomozikaiten=..>オプション [#henkomozikaiten]
 上の場合のように文字列が長い場合,文字列が線分と平行となるように回転させることも可能です。
#ref(henkomozikaiten01.png)
*注意事項 [#i841b67b]
+このコマンドは,空間を埋め込む平面座標で作業を行います。~
\HenKoTyuuten も平面座標で表されます。したがって~
  \iiiKuromaru{\HenKoTyuuten}~
はエラーとなります。平面座標系のコマンドを用いて~
  \Kuromaru{\HenKoTyuuten}~
などとしなければなりません。

#ref(HenKoTyuuten01.png)
*関連事項 [#t646bc2f]
-[[\HenKo>HenKo]]
-[[座標空間]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS