&size(24){''\itemT''};~
&size(24){''\labelenumT''};~
&size(24){''\enumTlabel''};~
&size(24){''\EMenumTlabel''};~
&size(24){''\enumTlabel''};

 表内で,ナンバリングをします。
 表内などで,ナンバリングをします。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#t3d2ce42]
emathT.sty[2010/05/30]
emathEc.sty

*書式 [#w13d8639]
\itemT
\itemT<#1>
-#1: key=val 形式をコンマ区切りで並べます。
-#1 における有効な key は
:[[label>#label]]| ラベル名を指定します。

*例 [#y6dc70fa]
**基本例 [#t7d1018d]
 表内で
   1,2,3,.....
 のように番号を自動発生させたいときは,\itemT コマンドを用います。
#ref(itemT01.png)
#ref(itemT01p.tex,center,上のソースリスト)
-\itemT を欄指定子に仕込んでしまう,のもあるでしょう。
#ref(itemT02.png)
**フォーマット変更 [#ge67f1ac]
 使用しているカウンタは LaTeX のカウンタ enumT で
   \newcounter{enumT}%
 と定義してあります。
 ナンバリングのフォーマットは
   1,2,3,.....
 となっていますが,これを変更するには \labelenumT を再定義します。デフォルトは
   \def\labelenumT{\arabic{enumT}}%
 としてあります。
#ref(labelenumT01.png)
//**相互参照 [#d4090faf]
#ref(labelenumT01p.tex,center,上のソースリスト)
**相互参照 [#d4090faf]
 \label と \ref を用いる相互参照は有効です。
#ref(enumTlabel01.png)
-ただし,\labelenumT を用いたフォーマット変更には対応していない,~
というのは enumerate環境と同様です。
#ref(enumTlabel02.png)
-emathT.sty で定義されている \enumTlabel を用いることで,フォーマット変更に対応することが出来ます。
#ref(enumTlabel03.png)
-emathR.sty で定義された \ReadTeXFile で読み込む場合は,
    \EMenumTlabel, \EMref
を用います(emathLb.sty が必要です)。
#ref(enumTlabel04.png)
#ref(enumTlabel04p.tex,center,上のソースリスト)
*関連事項 [#d0a08411]
**複数系列 [#o767ab78]
 複数の系列を実現するには,\itemT の他に用意されている
   \itemTi, \itemTii, \itemTiii
 併せて4系列を用いることが出来ます。
** 他の分野での利用例 [#laf28353]
--[[下線に付す記号を自動連番>emkasen#itemT]] 
とするにも \itemT を用いることが出来ます。
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS