&size(24){''\itemT''};~
&size(24){''\labelenumT''};~
&size(24){''\enumTlabel''};~
&size(24){''\EMenumTlabel''};~

 表内で,ナンバリングをします。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#t3d2ce42]
emathT.sty[2010/05/30]

*書式 [#w13d8639]
\itemT

*例 [#y6dc70fa]
**基本例 [#t7d1018d]
 表内で
   1,2,3,.....
 のように番号を自動発生させたいときは,\itemT コマンドを用います。
#ref(itemT01.png)
-\itemT を欄指定子に仕込んでしまう,のもあるでしょう。
#ref(itemT02.png)
**フォーマット変更 [#ge67f1ac]
 使用しているカウンタは LaTeX のカウンタ enumT で
   \newcounter{enumT}%
 と定義してあります。
 ナンバリングのフォーマットは
   1,2,3,.....
 となっていますが,これを変更するには \labelenumT を再定義します。デフォルトは
   \def\labelenumT{\arabic{enumT}}%
 としてあります。
#ref(labelenumT01.png)
//**相互参照 [#d4090faf]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS