\itemT
\labelenumT
\enumTlabel

表内などで,ナンバリングをします。
 

定義されているスタイルファイル

emathEc.sty

書式

\itemT

基本例

表内で
  1,2,3,.....
のように番号を自動発生させたいときは,\itemT コマンドを用います。
itemT01.png
file上のソースリスト

フォーマット変更

使用しているカウンタは LaTeX のカウンタ enumT で
  \newcounter{enumT}%
と定義してあります。
ナンバリングのフォーマットは
  1,2,3,.....
となっていますが,これを変更するには \labelenumT を再定義します。デフォルトは
  \def\labelenumT{\arabic{enumT}}%
としてあります。
labelenumT01.png

#ref(): File not found: "labelenumT01p.tex" at page "itemT"

相互参照

\label と \ref を用いる相互参照は有効です。
enumTlabel01.png

関連事項

複数系列

複数の系列を実現するには,\itemT の他に用意されている
  \itemTi, \itemTii, \itemTiii
併せて4系列を用いることが出来ます。

他の分野での利用例


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS