&size(24){''\kinzi''};
 2つの量が近似的に等しいこと表す記号は,
 amsfonts で定義されている \fallingdotseq を用います。
 emath ではそれと同義のコマンド \kinzi を定義しています。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#obb34cda]
emath.sty

*書式 [#b8989340]
\kinzi

*例 [#hbcf7f4a]
**基本例 [#z623ad33]
#ref(kinzi01.png)
-\usepackage[ceo]{emath} とした場合は,\kinzi は ceo.sty で定義されている \yaku に切り替わります。
#ref(ceo01.png)
-\usepackage[ceo]{emath} とした場合でも,\fallingdotseq を使いたいとなれば,~
  \usepackage[ceo]{emath} に先だって \usepackage{amssymb}~
を宣言しておかねばなりません。
#ref(amsfonts01.png)
--数式フォントグループは16個までしか使えませんが,~
   pLaTeX で4個~
   ceo で3個~
   amssymb で2個~
と,ここまでで9個を使っています。~
他の数式フォントの使用が窮屈になります。
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS