&size(24){''\maskHako''};
 解答欄のハコに答えを埋め込んでおき,
 ハコの中を空白にしておくか,答えを表示するかは,
 \ifmaskhako の真偽値でコントロールしよう,
 というのが\maskHako です。
 ただし,このコマンドは color パッケージを必要とします。
 emath では,emathPh など emathP系のものを使用するときは
 color パッケージは自動的に読み込まれています。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#g9eec2e6]
hako.sty

*書式 [#d50c1e01]
\maskHako(#1)[#2][#3]<#4>#5
-[[#1>#oc1d8265]] : ハコの横幅
-[[#2>#f1cc3ea8]] : ハコの高さ
-[[#3>#xe28f5b1]] : ハコの深さ
-[[#4>#t8fd1207]] : 問題に表示する部分
-#5 : 埋め込む答え(数式モード内と仮定されています)

*例 [#pd19affb]
**基本例 [#a0c6d0ba]
 \maskHako の必須引数 #4 に記述した答えは
   \maskhakotrue のときは答えは表示されず,空白
   \maskhakofalse のときは答えが表示
 となります。
#ref(maskHako01.png)
**横幅指定 [#oc1d8265]
 箱のサイズですが,デフォルトでは,埋め込んだ答えのサイズとなります。
 しかし,それよりも大きくしておきたいことが多いでしょう。
 その場合,横幅については (#1) オプションを用います。
#ref(width1.png)
 答えはハコの中央に配置されますが,
 これを左詰あるいは右詰にしたいときは
   \hfill
 を用います。
#ref(width2.png)
**高さ指定 [#f1cc3ea8]
 ハコの高さを指定するには [#2] オプションを用います。
#ref(height1.png)
**深さ指定 [#xe28f5b1]
 ハコの深さを指定するには [#3] オプションを用います。
 ただし,高さ指定オプション [#2] と併用しなければなりません。
#ref(depth1.png)
 幅指定オプション (#1) と併用することが多いでしょう。
#ref(depth2.png)
**問題にも一部表示 [#t8fd1207]
 \maskhakotrue のときは,埋め込んだ答えは表示されず,ハコは空白です。
 しかし,場面によっては一部を表示したいこともあります。
 その場合,問題にも表示する部分をオプション引数<#4>に記述します。
#ref(maskHako11.png)
 \maskhakotrue 時と,\maskhakofalse 時で,サイズが異なることがけしからん
 ということなら,横幅指定オプションを用います。
 もちろん,高さ・深さ指定を併用することも出来ます。
#ref(maskHako12.png)
 答えを左詰,右詰にする方法については「横幅指定」の項で説明したように
   \hfill
 を用いますが,一部を左詰,残りを右詰なども可能です。
#ref(maskHako13.png)
**答えの文字修飾(1) 文字サイズ [#l51ff041]
 文書全体で答えの文字サイズを変更するには
   \everymaskHako
 コマンドを用います。
#ref(everymaskHako1.png)
**答えの色指定 [#g147026d]
 色を指定するにも \everymaskHako コマンドを用います。
#ref(everymaskHako2.png)
**答えの数式を太字 [#j35202c0]
 答えの数式を太字(bold)にするにも \everymaskHako コマンドを用いますが,厄介です。
   \everymaskHako[#1]#2
 としておきますた
   \maskHako{なんたら}
 は
   #2{\ensuremath{なんたら}}#1
 と展開されます。
#ref(everymaskHako3.png)
 色指定も併せると
#ref(everymaskHako4.png)

*注意事項 [#u1bd9a78]
+ その1
*関連事項 [#m6a64ad8]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS