&size(24){''\naikaku''};
 三角形の内角の大きさを求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#oad9f166]
emathPh.sty

*書式 [#f561ea3a]
\naikaku<#1>#2#3#4#5
-[[#1: perl を指定>#perl]]したときは,計算に perl を用います。(要:emathPp)
-#1: [[perl を指定>#perl]]したときは,計算に perl を用います。(要:emathPp)
-#2,#3,#4: 三角形の3つの頂点
-#5: 内角#3 の値(六十分法)を受け取る制御綴
 #2, #3, #4 を頂点とする三角形の頂角#3 を求めます。
-#5: △#2#3#4 の内角#3 の大きさ(度数法)を受け取る制御綴

*例 [#f6865c90]
**基本例 [#y4000169]
 三角形の頂点の座標を与えて,内角を求めます(もちろん,近似値です)。
 3辺の長さから内角を求めるには,\Yogen コマンドを使用します。
#ref(naikaku01.png)
**<perl>オプション [#perl]
 計算を perl に外注して計算精度を上げるオプションが <perl> です。
#ref(naikaku02.png)
-図を描画するには,わざわざ <perl> オプションをつける必要はないでしょう。
-emathPh.sty, emathPp.sty のバージョンによって計算精度が異なります。
**モーレー (Morley) の定理 [#ya8d17f1]
 まずは,三角形の内角の三等分線を描画することから。
#ref(santoubunsen01.png)
-モーレーの定理
 三角形の各辺の両端における内角の三等分線のうち,
 この辺に近いもの同士の交点は,1つの正三角形を作る。
#ref(Morley01.png)
#ref(Morley01.tex,center,上のソースリスト)
-初等幾何の証明は,例えば~
  矢野健太郎「幾何の有名な定理」(共立出版,数学ワンポイント双書 36)
*注意事項 [#o996386f]
*関連事項 [#i2709d3b]
+[[三角形の計量]]
-[[数値計算]]
--[[図形の計量(平面)>数値計算#zukei]]
---[[三角形の計量]]
+[[\iiinaikaku>iiinaikaku]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS