\notni

\ni の否定記号 \notni が LaTeX にありませんから,emath に用意しました。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty[2007/05/16]

書式

\notni

基本例

xが集合Aの要素であることを表す記号は
  x \in A
逆向きは
  A \ni x
です。
前者の否定は
  x \notin A
ですが,後者の否定は LaTeX にはありません。
そこで,emath では
  A \notni x
を用意しました。
notni01.png

フォントの比較

notni02.png
file上の PDF

注意事項

関連事項

2457

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS