&size(24){''\oresen''};
 頂点列を指定して折れ線を引きます。

&size(24){''\oresen''};~
&size(24){''\oresen*''};
 点列を定義し,名札貼りと折れ線描画を行います。
 それに対し
   \oresen* は,点列の定義と折れ線描画をするだけで,名札は貼りません。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#r4e0be3b]
emathPh.sty

*書式 [#ucd9a76a]
\oresen<#1>#2
-#1: 線種を変更するときのオプション <sensyu=..>
-#2: は折れ線の頂点列を `;' で区切った列
     #2は
       [##1]##2(##3,##4)##5
     の形式で点列を `;' で区切る。
       ##1 : オプションで,点の位置に置く文字列
             (省略時は,##2 と同じ)
       ##2 : \##2 という変数の頂点名
       [r] : をつけると極座標形式とみなす
       [s] : をつけると相対移動とみなす
       (##3,##4) : 頂点の座標
       ##5 : 頂点の近傍に置く文字列の配置オプション
             [方角] オプションに限り区切子 `[', `]' を省略可能
            \edef\##2{(##3,##4)}として,点\##2 が定義され,
            \Put に
              \Put\##2##5{##1}%
            として引き渡される。)
 \oresen<#1>#2
   #1 は key=val
   #2 は点列を `;' で区切った列
   点列は
     [##1]##2(##3,##4)(##5,##6)[##7]
       または
     [##1]##2(##3,##4)[##5]
   の形式で点列を `;' で区切る。([##5]は,##5 と略記可)

-[[##1>#nahuda]]: オプションで,点の位置に置く文字列~
   (省略時は,##2 と同じ)
-##2: \##2 という変数の頂点名
--後ろに[r]をつけると極座標形式とみなす
--後ろに[s]をつけると相対移動とみなす
-(##3,##4): 点の座標
-(##5,##6)[##7]: \emathPut の微調整ベクトル(dx,dy) と配置オプション([l/c/r, t/c/b])
-[##5]のみ: 方位指定オプション[n/nw/w/sw/s/se/e/ne/c]

-#1: key=val で,有効なキーは:
:[[kuromaru>#kuromaru]]|定義した点に黒丸を描画します。
:[[perl>#perl]]|座標に perl の計算式を許容します。
:[[sensyu>#sensyu]]|折れ線の線種を変更します。
*例 [#s91f9f1b]
**基本例 [#heba272b]

 複数の点を定義し,名札(ラベル)づけと折れ線描画を行います。
#ref(oresen1.png)

**線種を変更 [#v584a020]
#ref(oresen2.png)
#ref(oresen3.png)

**極座標形式 [#gc561310]

#ref(oresen4.png)

**極座標形式+相対移動 [#if41dcc6]

#ref(oresen5.png)

*関連事項 [#y3c0b7db]
+[[点列の定義]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS