psZahyou環境
psZahyou*環境

空間座標を PostScript により描画し,記述された EPSファイルを読み込みます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPs.sty

書式

\begin{psZahyou}[#1](#2,#3)(#4,#5)(#6,#7)
..
\end{psZahyou}
\begin{psZahyou*}[#1](#2,#3)(#4,#5)(#6,#7)
..
\end{psZahyou*}
Ex
x軸方向の基本ベクトルを変更します。
デフォルトは r(.667,-138)
Ey
y軸方向の基本ベクトルを変更します。
デフォルトは (1,0)
Ez
z軸方向の基本ベクトルを変更します。
デフォルトは (0,1)
Hidariyohaku
左余白を設定します。
Migiyohaku
右余白を設定します。
Sitayohaku
下余白を設定します。
Ueyohaku
上余白を設定します。
ul
単位長を変更します。
Yohaku
上下・左右一律に余白を設定します。

基本例

x座標,y座標,z座標の範囲を指定して,空間座標を描画します。
psZahyou01.png
Zahyou環境では,原点記号,座標軸名称などは記入されません。
必要に応じて附加してください。
その際,x軸の先端は \iiiXMAX などに定義されています。
psZahyou02.png

注意事項

  1. その1

関連事項

  1. 座標空間
  2. pszahyou環境
    600

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS