&size(24){''\ransuuretu''};
 実行する年・月・日・時・分を乱数の種として擬似乱数列を作成します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#dd6d22bb]
emathRn.sty
 ロードオプション [perl] を必須とします。

*書式 [#mf33704f]
\ransuuretu[#1]#2#3
-#1: 取り出す乱数の上限値(デフォルト値=1)
-#2: 取り出す乱数の個数
-#3: 結果を受け取る制御綴

*例 [#b2428a50]
**基本例 [#kc7b55af]
 半開区間 [0, 1) の数値を5個並べる例です。
 結果を受け取る制御綴(ここでは \kekka)に,それらの数値がコンマ区切りで並びます。
#ref(ransuuretu01.png)
**上限値の変更 [#b7f18bdb]
 デフォルトでは,上限値は1となっていますが,これを変更するオプションが[#1]です。
 下では [10] として,半開区間 [0,10) の数値が得られます。
#ref(ransuuretu02.png)
**乱数の取り出し(1) [#cb6e9889]
 乱数列は,コンマ区切りになっていますが,これから1つの乱数を取り出す方法を紹介しましょう。
 初めから順に取り出すには,\Strsep コマンドが簡単です。
#ref(ransuuretu03.png)
**乱数の取り出し(2) [#q8dde5fb]
 もう1つの方法は,コンマ区切りで得られた乱数列を配列形式に変換する
   \csvhairetu
 コマンドを用いる方法です。
#ref(ransuuretu04.png)
*注意事項 [#ff3c81fc]
+perl との連携機能を用いますから,タイプセット時には,~
  platex -sh~
などと起動オプションが必要です。
*関連事項 [#xd03c22e]
+[[Iransuuretu]]
+[[rndsuji]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS