\ranzyunretu

乱数を用いて
  M以上,N未満の整数の集合からR個の元を選んだ順列
を作ります。
(デフォルトは,M=0, N=10, R=10)
 

定義されているスタイルファイル

emathRn.sty

ロードオプション [perl] の指定を前提とします:
  \usepackage[perl]{emathRn}

書式

\ranzyunretu<#1>#2

kosuu
取り出す個数を変更します。0<R≦N−Mです。
sup
上限値を変更します。
min
最小値を変更します。

以下,未実装です。

max?
最大値を変更します。
(現在の版では,sup と同義となっていますが,次版では修正されます。 key : max の使用は混乱の元となりますから,お止めください。)

基本例

オプションなしで \ranzyunretu を用いたときは,
  0 以上,10 未満
の数字,全部の順列のひとつが #2 にコンマ区切りの csv形式で戻ります。
その並び方は,乱数によります。
ranzyunretu01.png

M, N, R の値変更

R(取り出す個数)の変更

取り出す個数を変更するには,
  <kosuu=..> オプション
を用います。
kosuu01.png

N(上限値)の変更

0〜15の乱数が 10個 \a にはいります。
sup01.png

M(最小値)の変更

最小値(デフォルトは 0)を変更します。
下の例では,<min=1> としていますから,1以上10未満の整数を並べます。
その個数はデフォルトの個数を下回りますので,R=10 から R=9 に強制的に修正して処理されます。
min01.png

応用例 百ます計算

百ます計算で,0〜9 の数字を乱数的に発生させる例です。
hyakumasu01.png

注意事項

関連事項

1023

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS