&size(24){''rectbox環境''};
 テキストを枠で囲みます。
 枠線は \vrule など tex の機能を用いて描画されます。
 コーナーを丸くするには,post script を用いて枠線を描画する
   EMpsrectbox環境, EMpsframed環境, EMpIIeframed環境
 をご利用ください。

#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#uc250ae8]
emathPb.sty
*書式 [#syosiki]
 \begin{rectbox}[#1]
 .....~
 \end{rectbox}

#1 key=val をコンマ区切りで並べます。有効な key は

>
[[backgroundcolor>#bgcolor]]~
[[bitem>#bitem]]~
[[bitempos>#bitem]]~
[[framecolor>#framecolor]]~
[[framethickness>#framethickness]]~
[[hasenLG>#hasenLG]]~
[[hsep>#hvsep]]~
[[hvsep>#hvsep]]~
[[item>#item]]~
[[itempos>#item]]~
[[kagi>#kagi]]~
[[LRonly>#LRonly]]~
[[Lonly>#Lonly]]~
[[pos>#pos]]~
[[rectboxoval>#oval]]~
[[rectboxparindent>#parindent]]~
[[vsep>#hvsep]]~

*例 [#q5c73081]
**基本例 [#ofe24f72]
 rectbox環境内の文を
   長方形の枠
 で囲みます。
#ref(rectbox01.png)
CENTER:&ref(rectbox01p.tex,,上のソースリスト);
**枠内のテキスト部と枠線との間隔 − [hsep=..,vsep=..,hvsep=..] オプション [#hvsep]
枠内のテキスト部と枠線との間隔は \fboxsep に従います。
これを変更するには,\fboxsep を変更すればよいわけではありますが,
\fbox などにも影響を及ぼしますから,rectbox環境独自の変更法を用意してあります。

 まずは,左右の罫線とテキスト部との間隔です。[hsep=..]の右辺値は単位つきの長さです。
#ref(hsep1.png)
 上下の罫線との間隔変更は [vsep=..] オプションです。
#ref(vsep1.png)
 もちろん,両者を併用することも出来ますが
#ref(hvsep1.png)
 両者が同じ長さのときは [hvsep=..] オプションでまとめて指定できます。
#ref(hvsep2.png)
**段落先頭のインデント − [rectboxparindent=..]オプション [#parindent]
rectbox環境は,実質 minipage環境です。したがって段落先頭のインデントはつきません。~
必要な場合は[rectboxparindent=..]オプションを用います。
#ref(rectboxparindent01.png)
-このオプションは,当該環境に対してのみ働く局所的オプションです。~
もっと広範囲に有効とするには,[[\rectboxparindentコマンド>rectboxparindent]]を用います。
**見出し [#zed4662f]
***上見出し − [item=..,itempos=..] オプション [#item]
 罫線枠上辺に見出し文字列を配置するためのオプションが
[item=..]です。
#ref(item1.png)
 見出し配置位置を変更するオプションが [itempos=.] です。
#ref(itempos1.png)
 見出しに背景色をつけたければ,\colorbox コマンドを利用します。
#ref(item02.png)
***下見出し − [bitem=..,bitempos=..] オプション [#bitem]
罫線枠下辺に見出し文字列を配置するためのオプションが
[bitem=..]です。
#ref(bitem1.png)
下見出し配置位置を変更するオプションが [bitempos=.] です。
#ref(bitempos1.png)
上下に見出しをつけることも可能です。
#ref(bitem2.png)
**枠線の修飾 [#j2e6ae42]
***枠線の太さ指定 − [framethickness=..] オプション [#framethickness]
枠線の太さを指定するオプションが [framethickness=..] オプションです。
右辺値は単位を伴う長さです。
 下の例では,枠線の太さは 1pt です。
 なおデフォルトは [framethickness=0.3pt] に相当します。
#ref(framethickness01.png)
***枠線を破線で − [hasenLG=..] オプション [#hasenLG]
枠線を破線とするには,[hasenLG=..] オプションを用います。
#ref(hasenLG01.png)
***枠線色指定 − [framecolor=..] オプション [#framecolor]
枠線に色をつけるオプションです。
#ref(framecolor1.png)
**背景色指定 − [backgroundecolor=..] オプション [#bgcolor]
テキスト部に背景色をつけるオプションです。
#ref(bgcolor1.png)
-ただし,この機能は tpic-specials によって実現されています。~
tpic-specials color は,dvi-ware に依存します。~
dvipdfmx は,そのバージョンによっては真っ黒になったります。~
カラーを扱うなら,EMpsrectbox環境の使用を推奨します。

**左右の枠線のみ − [LRonly] オプション [#LRonly]
***丸コーナー − [rectboxoval=..] オプション [#oval]
 枠の四隅を四分円で描画します。
 ただし,この機能は,tpic-specials を用います。
 また,四隅の四分円と,水平・垂直罫線との接続に難があります。
 気になる,という場合は,post-script を用いる
   EMpsrectbox環境,EMpsframed環境,or EMpIIeframed環境
 などの利用をご検討ください。
#ref(oval01.png)
-このオプションを指定した場合は,罫線と中のテキストとの間隔は rectboxoval=.. の
右辺値となります。~
ただし,hsep, vsep, hvsep オプションを指定した場合は,その指定が優先されます。
#ref(oval02.png)
-hasenLG オプションとの併用はできません。~
破線描画をしたい場合は post-script を用います。
***左右の枠線のみ − [LRonly] オプション [#LRonly]
 枠罫線の上下を描画せず,左右の側線のみを描画するオプションが [LRonly] です。
 下では,その部分に左インデントをつけるため,jquote環境も用いています。
#ref(LRonly01.png)
**左の枠線のみ − [Lonly] オプション [#Lonly]
***左の枠線のみ − [Lonly] オプション [#Lonly]
 左の側線のみを描画するオプションが [Lonly] です。
#ref(Lonly01.png)
-左側線の両端に短い水平罫線を付加するオプションが [kagi=..]です。~
右辺値は水平罫線の長さを単位付きの寸法で指定します。&aname(kagi);
#ref(kagi01.png)
**枠線なし [#q397ede8]
***枠線なし [#q397ede8]
 枠線を描画したくないときは [framethickness=0pt] とします。
#ref(framethickness02.png)
**二重枠 (rectbox環境のネスト) [#tae1a931]
***二重枠 (rectbox環境のネスト) [#tae1a931]
 rectbox環境の中に rectbox環境を配置することで,二重枠線の囲みを作ることが出来ます。
 枠の間隔は,デフォルトでは \fboxsep ですが,外側の rectbox環境に対する hvsepオプションなどで変更可能です。
 ただし,外側の rectbox環境に対して hvsep オプションで行った変更は,内側の rectbox環境にも影響を及ぼします。
#ref(doublebox01.png)
 外側の罫線枠を太くしています。そのためのオプション
    [framethickness=1pt] 
 を外側の rectbox環境に附加していますが,これが内側の rectbox環境にも影響を及ぼします。
 従って,内側の rectbox環境に対しても [framethickness=..] オプションが必要です。
#ref(doublebox02.png)

**背景色指定 − [backgroundecolor=..] オプション [#bgcolor]
テキスト部に背景色をつけるオプションです。
#ref(bgcolor1.png)
-ただし,この機能は tpic-specials によって実現されています。~
tpic-specials color は,dvi-ware に依存します。~
dvipdfmx は,そのバージョンによっては真っ黒になったります。~
カラーを扱うなら,EMpsrectbox環境の使用を推奨します。

**ベースライン − [pos=..] オプション [#pos]
 rectbox環境は,実質 minipage環境です。
 従ってそのベースラインは,minipage環境のベースラインであり,
 デフォルトは c (中央)となります。
 rectbox環境は横いっぱいに広がりますから,ベースラインが問題となることはありません。
 ただし,何らかの状況で,他と横に並ぶことがあると,ベースラインを他とそろえる必要が生じます。~
 下では,EMminipages環境を用いて,ミニページを横に並べています。~
 左は通常のテキスト,右は rectbox環境です。
 左のベースライン(黒)と,右のベースライン(赤)が一致していますが.....
#ref(pos00.png,wrap)
-ベースラインは一致していますが,頭が不揃いになっている方に目がいきます。~
これを揃えるには,rectbox環境に [pos=t] オプションを付加します。
#ref(pos01.png,wrap)
//**縦の長さ指定 − [tate=..] オプション [#tate]
//枠の縦長を指定します。
//#ref(tate01.png)
//rectbox環境内に記述されたものは,上下の中央に配置されます。~
//これを上または下に寄せるには,\vfill を用います。
//#ref(tate02.png)
//-tate=.. オプションは,emathPb.sty 2007/10/29 以降で有効です。
//**上下に分割する横線 − \rectboxhrule [#rectboxhrule]
//枠を上下に分割する横線を引きます。
//#ref(hrule01.png)
//tate=.. オプションを併用し,\vfill を用いる例です。
//#ref(hrule02.png)
//-\rectboxhrule コマンドは rectbox内でのみ使用可能です。
//-\rectboxhrule コマンドは,emathPb.sty 2007/11/14 以降で有効です。

**傍注 [#x9179dba]
 rectbox環境内では,\marginparコマンドは使用できません。
 代えて,\MigiRangaiコマンドを用います。
CENTER:&ref(boutyuu01p.tex,,下のソースリスト);
#br

#ref(boutyuu01.png)
-ただし,このコマンドは emathBk.sty で定義されていますから,それを読み込んでおく必要があります。
-傍注記号を付与するなど,細かいことは[[\MigiRangaiのページ>MigiRangai]]をご覧ください。
-上の例(画像)では,rectbox環境の枠線の他に,
本文領域・傍注領域を示す枠線も表示してあります。
*注意事項 [#jcaaa11f]
+ ページをまたぐことは出来ません。~
ページをまたぐには,[[breakrectbox環境]] あるいは [[EMframed環境]] を用います。
+ rectbox環境は,内部で list環境を呼び出します。したがって edaenumerate環境内に配置することは出来ません。~
これを回避するために [[\useitemfalse>useitemfalse]]コマンドを使う方法もありますが.....
//+emath と独立に rectbox環境を使用するには
// \usepackage{emathC}%
// \usepackage{jquote}%
// \usepackage{epic}%
// %\usepackage{eepic}% 必要に応じて
// \usepackage[onlyP]{emathPh}%
// \usepackage{emathPb}%
//と記述します。

*関連事項 [#q246711c]
[[\psfbox>psfbox]]~
[[EMpsrectbox環境]]~
[[breakrectbox環境]]~
[[EMpsframed環境]]~
[[EMpIIeframed環境]]~
[[enumrectbox環境]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS