rectbox環境

テキストを枠で囲みます。
枠線は \vrule など tex の機能を用いて描画されます。
枠の横幅は,\linewidth です。
 

定義されているスタイルファイル

emathPb.sty

書式

\begin{rectbox}[#1]
.....~
\end{rectbox}

#1 key=val をコンマ区切りで並べます。有効な key は

apnzahyou
backgroundcolor
bgcolor
bitem
bitempos
framecolor
framethickness
hasenLG
hsep
hvsep
item
itempos
kagi
LRonly
Lonly
pos
rectboxoval
rectboxparindent
shade
shadecolor
TBonly
vsep

\HVsep#1#2
#1
左右枠線と中のテキストとの間隔
#2
上下枠線と中のテキストとの間隔

基本例

rectbox環境内の文を,
  長方形の枠
で囲みます。
横幅は,\linewidth に従います。
rectbox01.png
file上のソースリスト

枠内のテキスト部と枠線との間隔

枠内のテキスト部と枠線との間隔は \fboxsep に従います。 これを変更する方法を述べます。

[hsep=..,vsep=..,hvsep=..] オプション

まずは,左右の罫線とテキスト部との間隔です。[hsep=..]の右辺値は単位つきの長さです。
hsep1.png
上下の罫線との間隔変更は [vsep=..] オプションです。
vsep1.png
もちろん,両者を併用することも出来ますが
hvsep1.png
両者が同じ長さのときは [hvsep=..] オプションでまとめて指定できます。
hvsep2.png

\HVsep コマンド

[hsep=..,vsep=..,hvsep=..] オプションは当該 rectbox環境のみに働く局所的なものです。
広範囲に有効とするには,\HVsep コマンドを用います。
  第1引数に水平方向の間隔
  第2引数に垂直方向の間隔
を与えます。
HVsep01.png

段落先頭のインデント − [rectboxparindent=..]オプション

rectbox環境は,実質 minipage環境です。したがって段落先頭のインデントはつきません。
必要な場合は[rectboxparindent=..]オプションを用います。

rectboxparindent01.png

見出し

上枠線上に見出し − [item=..,itempos=..] オプション

罫線枠上辺に見出し文字列を配置するためのオプションが

[item=..]です。

item1.png
見出し配置位置を変更するオプションが [itempos=.] です。
itempos1.png
見出しに背景色をつけたければ,\colorbox コマンドを利用します。
item02.png

下枠線上に見出し − [bitem=..,bitempos=..] オプション

罫線枠下辺に見出し文字列を配置するためのオプションが [bitem=..]です。

bitem1.png

下見出し配置位置を変更するオプションが [bitempos=.] です。

bitempos1.png

上下に見出しをつけることも可能です。

bitem2.png

枠内上部に見出し

枠内左に見出し

枠線の修飾

枠線の太さ指定 − [framethickness=..] オプション

枠線の太さを指定するオプションが [framethickness=..] オプションです。 右辺値は単位を伴う長さです。

下の例では,枠線の太さは 1pt です。
なおデフォルトは [framethickness=0.3pt] に相当します。
framethickness01.png

枠線を破線で − [hasenLG=..] オプション

枠線を破線とするには,[hasenLG=..] オプションを用います。

hasenLG01.png

枠線色指定 − [framecolor=..] オプション

枠線に色をつけるオプションです。

framecolor1.png

影付き

枠線右・下に影をつけるオプションが [shade] です。
shade01.png

枠の形状

丸コーナー − [rectboxoval=..] オプション

枠の四隅を四分円で描画します。
ただし,この機能は,tpic-specials を用います。
また,四隅の四分円と,水平・垂直罫線との接続に難があります。
気になる,という場合は,PostScript を用いる
  EMpsrectbox環境,EMpsframed環境,or EMpIIeframed環境
などの利用をご検討ください。
oval01.png

左右の枠線のみ − [LRonly] オプション

枠罫線の上下を描画せず,左右の側線のみを描画するオプションが [LRonly] です。
下では,その部分に左インデントをつけるため,jquote環境も用いています。
LRonly01.png

左の枠線のみ − [Lonly] オプション

左の側線のみを描画するオプションが [Lonly] です。
Lonly01.png

天地の罫線のみ --[TBonly] オプション

[LRonly] オプションは左右の罫線のみを描画します。
(左右の罫線は描画されません。)
TBonly01.png

枠線なし

枠線を描画したくないときは [framethickness=0pt] とします。
framethickness02.png

二重枠 (rectbox環境のネスト)

rectbox環境の中に rectbox環境を配置することで,二重枠線の囲みを作ることが出来ます。
枠の間隔は,デフォルトでは \fboxsep ですが,外側の rectbox環境に対する hvsepオプションなどで変更可能です。
ただし,外側の rectbox環境に対して hvsep オプションで行った変更は,内側の rectbox環境にも影響を及ぼします。
doublebox01.png
外側の罫線枠を太くしています。そのためのオプション
   [framethickness=1pt] 
を外側の rectbox環境に附加していますが,これが内側の rectbox環境にも影響を及ぼします。
従って,内側の rectbox環境に対しても [framethickness=..] オプションが必要です。
doublebox02.png

背景色指定 − [backgroundecolor=..] オプション

テキスト部に背景色をつけるオプションです。

bgcolor1a.png

ベースライン − [pos=..] オプション

rectbox環境は,実質 minipage環境です。
従ってそのベースラインは,minipage環境のベースラインであり,
デフォルトは c (中央)となります。
rectbox環境は横いっぱいに広がりますから,ベースラインが問題となることはありません。
ただし,何らかの状況で,他と横に並ぶことがあると,ベースラインを他とそろえる必要が生じます。~
下では,EMminipages環境を用いて,ミニページを横に並べています。~
左は通常のテキスト,右は rectbox環境です。
左のベースライン(黒)と,右のベースライン(赤)が一致していますが.....
pos00.png

枠の横幅

枠の横位置(左右インデント)

枠に左右のインデントを付けるには,jquote環境を用います。
LRskip01.png

傍注

rectbox環境内では,\marginparコマンドは使用できません。
代えて,\MigiRangaiコマンドを用います。
file下のソースリスト
 
boutyuu01.png

脚注

rectbox環境は,内部で minipage環境を用いています。
minipage環境内では,\footnote は minipage の終了直後に出力されますが,
rectbox環境では,本文と同様にページ下部に出力するようにしてあります。

footnote01.png

これを,minipage直後に,すなわち,rectbox環境内に出力したいときは,
\EMminipagefootnote を宣言しておきます。

footnote02.png

注意事項

  1. ページをまたぐことは出来ません。
    ページをまたぐには,breakrectbox環境 あるいは EMframed環境 を用います。
  2. rectbox環境は,内部で list環境を呼び出します。したがって edaenumerate環境内に配置することは出来ません。
    これを回避するために \useitemfalseコマンドを使う方法もありますが.....

関連事項

\psfbox
EMpsrectbox環境
breakrectbox環境
EMpsframed環境
EMpIIeframed環境
enumrectbox環境?

12035

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS