&size(24){''\ruizyou''};
 a^x で指数が分数になった場合,指数の位置を修正します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#k5930020]
emath.sty

*書式 [#b11c6f2b]
\ruizyou #1^#2
-#1: 底
-#2: 指数

*例 [#wc876ac3]
**指数の位置 [#dcef8a91]
 下の2つで,指数 p の位置の違いが気になりますか?
 1行目は本文中の数式(\textstyle)
 2行目は別行立ての数式(\displaystyle)
#ref(ruizyou01.png)
 どのくらい違うか計量してみましょう。
#ref(ruizyou02.png)
 違い,わずか 0.5pt です。
 それでも,本文中でも後者にしたい
 となると,\displaystyle をつけまくることとなります。
 どこかから
   本文中で \displeystyle なんか使うな!!
   本文中で \displaystyle なんか使うな!!
 というお叱りが飛んできますよ。
**分数指数 [#j361f90f]
 指数が分数になるとき,間違っても \bunsuu などをもちだしてはいけません。
#ref(bunsuusisuu01.png)
 LaTeX 本来の \frac を用いましょう。
#ref(bunsuusisuu02.png)
 まあ,\bunsuu にも,アスタリスクつきの \bunsuu* を用意してはありますが.....
#ref(bunsuusisuu03.png)
**分数指数の位置 [#mba5868a]
 分数指数の縦位置を上に動かしたい,というご意見を良く耳にします。
 本文中(\textstyle ),別行立て(\displasystyle )を計量してみます。
#ref(bunsuusisuu04.png)
 \displaystyle においても,さらに指数を上に動かしたい,
 ということなら,次のような方法もあります。
#ref(bunsuusisuu05.png)
 見えない支柱(\mathstrut)を下つき文字として与えた関係で
 上付き文字の分数指数が上に押し上げられました。
 計量してみましょう。
 \displaystyle よりさらに 1.7pt と大分上がりました。
 しかし,副作用もあります。
 下つき文字を与えたため,深さが 5pt 強となりました。
 上のタイプセット結果の最終行と下罫線の間隔が拡がっています。
#ref(bunsuusisuu05s.png)
 この深さを取り除くには,amsmath で拡張された \smash[b] を用いればよいでしょう。
#ref(bunsuusisuu06.png)
**\ruizyou [#p9f1d542]
 ややこしくなってきましたから,マクロ化したものを
   \ruizyou
 としました。
 ここまでやるか(自嘲)
#ref(bunsuusisuu07.png)
*注意事項 [#note]
-巾の巾~
 巾については,結合法則
   (a^m)^n=a^(m^n)
 は成立しませんから
   a^m^n
 という記述は tex でも許容されません(エラーとなります)。
   {a^m}^n
 あるいは
   a^{m^n}
 と書かねばなりません。
#ref(note01.png)
*関連事項 [#r2634e89]
-[[saloon No.605>http://emath.a.la9.jp/xdir/saloon/treebbs.cgi?kako=1&all=605&s=605]]からのスレッドに,べきの位置に関する話題があります。
-[[巾-講座]]
-[[数式記号]]
--[[\ruizyoukon>ruizyoukon]]
-[[講座]]
--[[累乗>累乗-講座]]
--[[巾>巾-講座]]
-[[数学II]]
--[[指数関数と対数関数]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS