&size(24){''\setlinewidth''};
 pszahyou(*)環境において,描画する線の太さを設定します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#z6625ef3]
emathPs.sty

*書式 [#ad4fd188]
\setlinewidth#1
-#1: 描画する線の太さを単位を伴う長さで与えます。
無名数の場合,単位は 0.1pt とみなされます。

*例 [#n45821d1]
**基本例 [#c1ff56c4]
 pszahyou(*)環境でのデフォルトの太さは 1pt で,
 zahyou(*)環境よりは太目です。
#ref(linewidth01.png)
 zahyou(*)環境と揃えるには
#ref(linewidth02.png)
**グルーピング [#q3a0af9d]
 \setlinewidth の影響範囲には注意が必要です。
 TeX のグルーピングは無効です。
#ref(linewidth03.png)
 上の図で,線分BCの太さを 0.3pt に変更しています。
 その部分を
   {.....}
 で TeX のグルーピングをしていますが,その外にある
   \Drawline{\C\D}
 の太さも 0.3pt に変更されたままです。
 
 これは,\setlinewidth コマンドは 
 PostScript の setlinewidth オペレータを呼び出していますが,
 これは TeX の管理外ですから,TeX のグルーピングは無効なのです。
 対策(1)は,
   \gsave と \grestore
 で,PostScript のグルーピングを行います。
 (TeX のグルーピングも併用しておく方が無難です。)
#ref(linewidth04.png)
 対策(2)は,
   \setlinewidth コマンドではなく,<linewidth=..> オプション
 を用いることです。
#ref(linewidth05.png)
*注意事項 [#k63cb694]
+ その1
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS