\teisuuretu

複数の定数を定義します。
 

定義されているスタイルファイル

emathC.sty

書式

\teisuuretu#1
\teisuuretu<perl>#1
  #1 は定数定義を `;' で区切った列
  #1は
    ##1=##2
  の形式で定数定義を `;' で区切る。
    ##1: 定数の制御綴から先頭の \ を除去した文字列
    ##2: 定数値(<perl>オプションを付した場合は,計算式も可)

基本例

楕円の長半径を \aval, 短半径を \bval として,その値を定義する例です。
teisuuretu01.png

関連事項

  1. 点列の定義
    1615

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS