\tenretu
\rtenretu

点列を定義し,名札を貼ります。
それに対し
  \rtenretu は,極座標形式で座標を指定します。
  \tenretu*(\rtenretu*) は,点を定義するだけで,名札は貼りません。
  \tenretu** は,定義済みの点に名札を貼ります。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\tenretu<#1>#2
  #1 は key=val
  #2 は点列を `;' で区切った列
  点列は
    [##1]##2(##3,##4)(##5,##6)[##7]
      または
    [##1]##2(##3,##4)[##5]
  の形式で点列を `;' で区切る。([##5]は,##5 と略記可)
\rtenretu<#1>[#2]#3
  #1 は key=val
  #2 は極(省略時は原点)
  #3 は点列を `;' で区切った列
  点列は
    [##1]##2(##3,##4)(##5,##6)[##7]
      または
    [##1]##2(##3,##4)[##5]
  の形式で点列を `;' で区切る。([##5]は,##5 と略記可)
dousa
定義した点列を結ぶ折れ線に対する動作を指定します。右辺値は
D
\Drawline を呼び出し,折れ線を描画します。'D'に引き続き \Drawline のオプション引数を記述することも可能です。
T
\Takakkei を呼び出し,多角形を描画します。'T'に引き続き \Takakkei のオプション引数を記述することも可能です。
P
\emPaint を呼び出し,塗りつぶします。'P'に引き続き \emPaint のオプション引数を記述することも可能です。
kuromaru
定義した点に黒丸を描画します。
oresen
定義した点列を結ぶ折れ線を取得します。右辺値は取得する制御綴名です。
perl
座標に perl の計算式を許容します。

基本例

複数の点を定義し,名札(ラベル)をつけます。
tenretu01.png

名札指定オプション

名札は,点の名前を同じものが表示されますが,オプションをつけて変更することも可能です。
nahuda01.png

<kuromaru> オプション

\tenretu に <kuromaru> オプションをつけたときは,定義された点の位置に黒丸が付きます。
kuromaru01.png

<dousa> オプション

<dousa=D> 折れ線描画

\tenretu に <dousa=D> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ折れ線を描画します。
stroke01.png

<dousa=T> 多角形描画

\tenretu に <dousa=T> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ多角形を描画します。
takakkei01.png

<dousa=P> 塗りつぶし

\tenretu に <dousa=P> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ多角形を塗りつぶします。
塗りつぶしは,\emPaint を呼び出すことで実現されます。
fill01.png

<oresen=..> オプション

oresen01.png

関連事項


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS