&size(24){''\tenretu''};~
&size(24){''\rtenretu''};
 点列を定義し,名札を貼ります。
 それに対し
   \rtenretu は,極座標形式で座標を指定します。
   \tenretu*(\rtenretu*) は,点を定義するだけで,名札は貼りません。
   \tenretu** は,定義済みの点に名札を貼ります。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ef0697b9]
emathPh.sty

*書式 [#r952ef89]
 \tenretu<#1>#2
   #1 は key=val
   #2 は点列を `;' で区切った列
   点列は
     [##1]##2(##3,##4)(##5,##6)[##7]
       または
     [##1]##2(##3,##4)[##5]
   の形式で点列を `;' で区切る。([##5]は,##5 と略記可)

 \rtenretu<#1>[#2]#3
   #1 は key=val
   #2 は極(省略時は原点)
   #3 は点列を `;' で区切った列
   点列は
     [##1]##2(##3,##4)(##5,##6)[##7]
       または
     [##1]##2(##3,##4)[##5]
   の形式で点列を `;' で区切る。([##5]は,##5 と略記可)

-[[##1>#nahuda]]: オプションで,点の位置に置く文字列~
   (省略時は,##2 と同じ)
-##2: \##2 という変数の頂点名
-(##3,##4): 点の座標
-(##5,##6)[##7]: \emathPut の微調整ベクトル(dx,dy) と配置オプション([l/c/r, t/c/b])
-[##5]のみ: 方位指定オプション[n/nw/w/sw/s/se/e/ne/c]

-#1: key=val で,有効なキーは:
:dousa|定義した点列を結ぶ折れ線に対する動作を指定します。右辺値は
::[[D>#stroke]]|\Drawline を呼び出し,折れ線を描画します。'D'に引き続き \Drawline のオプション引数を記述することも可能です。
::[[T>#close]]|\Takakkei を呼び出し,多角形を描画します。'T'に引き続き \Takakkei のオプション引数を記述することも可能です。
::[[P>#fill]]|\emPaint を呼び出し,塗りつぶします。'P'に引き続き \emPaint のオプション引数を記述することも可能です。
:[[kuromaru>#kuromaru]]|定義した点に黒丸を描画します。
:[[oresen>#oresen]]|定義した点列を結ぶ折れ線を取得します。右辺値は取得する制御綴名です。
:[[perl>#perl]]|座標に perl の計算式を許容します。

*例 [#rd359cb6]
**基本例 [#da43ce8f]
 複数の点を定義し,名札(ラベル)をつけます。
#ref(tenretu01.png)
-点の名前と座標を列記しますが,名前の配置を \emathPut で行うさいの配置オプションを付け加えることが出来ます。~
上の例では~
  A(-2,-2) に対しては,方位オプション [sw]~
  B(2,-1) に対しては,微調整オプション (2pt,0)[l]~
  C(1,2) に対しては,方位オプション [n] を n と略記した例を示しています。
-配置オプションをつけない場合は,(0,0)[lb] とみなされます。
-\tenretu*, \rtenretu* の場合は,配置オプションをつけても無視され,名札はつきません。
-\emathPutの配置オプションと同様に,極座標系による指定も出来ます。
#ref(http://www.geocities.jp/wizard_turbo_1997/sub/20121121.png)
#ref(tenretu02.png)

**名札指定オプション [#nahuda]
 名札は,点の名前を同じものが表示されますが,オプションをつけて変更することも可能です。
#ref(nahuda01.png)
**<kuromaru> オプション [#kuromaru]
 \tenretu に <kuromaru> オプションをつけたときは,定義された点の位置に黒丸が付きます。
#ref(kuromaru01.png)
**<dousa> オプション [#dousa]
*** <dousa=D> 折れ線描画 [#stroke]
 \tenretu に <dousa=D> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ折れ線を描画します。
#ref(stroke01.png)
-<dousa=D> の右辺値 'D' に引き続き,\Drawline のオプションを付け加えることが出来ます。
#ref(stroke02.png)
-<dousa=..> の右辺値に <,> が含まれますから,<dousa={..}> と右辺値を括っておかねばなりません。
*** <dousa=T> 多角形描画 [#close]
 \tenretu に <dousa=T> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ多角形を描画します。
#ref(takakkei01.png)
-<dousa=T> の右辺値 'T' に引き続き,\Takakkei のオプションを付け加えることが出来ます。
#ref(takakkei02.png)
-<dousa=..> の右辺値に <,> が含まれますから,<dousa={..}> と右辺値を括っておかねばなりません。
*** <dousa=P> 塗りつぶし [#fill]
 \tenretu に <dousa=P> オプションをつけたときは,定義した点列を順に結ぶ多角形を塗りつぶします。
 塗りつぶしは,\emPaint を呼び出すことで実現されます。
#ref(fill01.png)
-<dousa=P> の右辺値 'P' に引き続き,\emPaint のオプションを付け加えることが出来ます。
#ref(fill02.png)
-<dousa=..> の右辺値に <,> が含まれますから,<dousa={..}> と右辺値を括っておかねばなりません。
**<oresen=..> オプション [#oresen]
#ref(oresen01.png)
//*入試問題から [#y392813e]
//|||LEFT:|c
//|2008 中央大学 |&ref(2092200802.tex); |&ref(2092200802fig.png);|
*関連事項 [#wb92843f]
-[[点列の定義]]
--[[\teisuuretu>teisuuretu]]: 定数列の定義
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS