&size(24){''\touhenkigou''};
 複数の線分に,長さが等しいことを表す記号を配置します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ye7d9089]
emathPh.sty~
(ただし,\rotatebox を使用しますから,graphicx.sty も必要です)。

*書式 [#ub18c155]
\touhenkigou[#1]<#2><#3>(#4)#5
-[[#1: 記号(デフォルトは | )>#kigou]]
-[[#2: 個数 >#kosuu]]
-[[#3: #2で複数を指定した場合の記号間間隔(デフォルト0.5pt)>#kankaku]]
-[[#4: 位置(デフォルトは0.5,すなわち中点)>#pos]]
-#5: 線分列(区切子は`;')
*例 [#sdf8d252]
**基本例 [#m48d9df0]
 複数の線分の長さが等しいことを表す記号を配置します。
 デフォルトでは,線分の中点に線分と垂直に交わる短い棒をつけます。
#ref(touhenkigou01.png)
#ref(touhenkigou02.png)
**棒ではなく,記号を配置 [#kigou]
 棒の代わりに記号を配置するには,
 #1 にその記号を与えます。
#ref(touhenkigou04.png)
**辺弧中点に等辺記号 [#HenKo]
#ref(HKT_touhen.png)
**入試問題から [#q524b07f]
|||LEFT:|c
|2009 東京理科大学 |&ref(2111200915.tex); |&ref(2111200915fig.png);|
*注意事項 [#note]
-このコマンドは \rotatebox を使用します。~
dvipdfmx を用いるときは,~
  \usepackage[dvipdfmx]{graphicx}~
などと,ドライバを明示しなければなりません。~
それを怠ると,ヒゲが生えたりします。
#ref(dvipdfmx01.png)
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS