&size(24){''\txPerp''};
 事象の独立を表す記号として txfonts に \Perp があります。
 emath では,それをつまみ食いするコマンド \txPerp を用意しています。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#g482fbd7]
emathFx.sty~
(ロードオプション [txC] を必要とします。)
*書式 [#i9e7d8c1]
\usepackage[txC]{emathFx}~
\txPerp

*例 [#s6ae136c]
**基本例 [#vb2a77af]
 事象 E, F が独立であることを表します。
#ref(txPerp01.png)
*関連事項 [#pc5d9ce6]
-[[数式記号]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS