&size(24){''\tyuu''};
 tyuukai環境において,左側(解答文)に付けた注釈を右側(注釈領域)に出力させます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ye0f1acd]
emathBk.sty

*書式 [#t2f9d83e]
 \tyuu<#1>[#2]#3
-#1: [[注釈の縦位置微調整量>#tateiti]]~
  または~
key=val で有効なキーは
--tatehosei : 注釈の縦位置微調整量(他のキーと同時に使うとき)
--[[tag>#betugyoutate]] : 別行立て数式行で,数式番号に対する例外処理
-#2: [[注釈記号の局所的変更>#tyuumark-local]]~
  または~
key=val で有効なキーは
--[[tateidou>#tateidou]] : 注釈を上下に移動します。

 \tyuumark#1
-#1: [[注釈記号>#tyuumark]](デフォルトは $\longleftarrow$~)

*例 [#dbdc1d94]
**基本例 [#j18da67a]
 tyuukai環境で設定された擬似二段組で,左段落の注釈を右段落に出力させます。
 下の例では,文字「お」と「か」の間に,\tyuu{...} コマンドが配置されていますが,
 出力位置は「か」と同じ行の右段落です。
#ref(tyuu01.png)
**縦位置微調整 [#tateiti]
 注釈を付加する行に,\displaystyle の数式があるときなど,注釈の位置を修正したくなることがあります。
#ref(tateiti01.png)
 その修正をするためのオプションが <...> です。
 引数は,単位を伴った(符号付)長さです。
   正の量で,下方に
   負の量で,上方に
 移動します。
 次の例は,先の例を 0.4\baseline だけ上方に移動しています。
 他のオプションと併用するときは<label=hoge,tatehosei=-.4\baselineskip>のようにします。
#ref(tateiti02.png)
**注釈記号の変更 [#tyuumark]
 注釈の先頭には,注釈記号(左向き矢印:$\longleftarrow$~)が付けられます。
 この記号を変更するコマンドが \tyuumark です。
#ref(tyuumark01.png)
-デフォルトの矢印は LaTeX の矢印ですが,これを zahyou(*)環境で使用しているものに
変更するには
#ref(tyuumark03.png)
**注釈記号の変更(局所的) [#tyuumark-local]
 \tyuumark コマンドによる変更は,その範囲内すべての \tyuuコマンドに影響します。
 特定の \tyuuだけ変更したいときは,\tyuu に [..]オプションを付加します。
#ref(tyuumark02.png)
**注釈縦位置の移動 [#tateidou]
 注釈が長文になると,2か所の注釈が重なってしまうことがあります。
#ref(tateidou01.png)
 このような場合,注釈を上下に移動するためのオプションが
   [tateidou=..]
 です。右辺値は単位を伴った長さで,
   正の場合,下方に
   負の場合,上方に
 移動します。
#ref(tateidou02.png)
---この場合の注釈記号である,折れた矢線は zahyou*環境で描画されます。~
したがって,鏃はデフォルトの$\longleftarrow$とは異なります。~
  \tyuumark{\Phtyuumark}~
として切り替えておく方がよいでしょう。
---鏃を $longleftarrow$ と同じ物にするマクロが~
  掲示板 #6572~
にあります。
**別行立て数式に対する注釈 [#betugyoutate]
***一般の場合 [#h62a733e]
 別行立て数式に対しても普通のテキストと同様に
 各行それぞれに \tyuu によって,当該行の注釈領域に注が出力されます。
#ref(betugyoutate01.png)
 数式番号を付与しない別行立て環境に対しても同様です。
#ref(betugyoutate02.png)
***\notag との併用 [#raf50129]
 数式番号を付与する別行立て数式環境において,
 特定の行には数式番号を付与しないために \notag を用いることがありますが,
 その行に \tyuu を併用するには
   \tyuu<tag=notag>
 とオプションをつけます。
#ref(notag01.png)
***\atag との併用 [#xfa28432]
 数式番号を付与しない別行立て数式環境において,
 特定の行には数式番号を付与するために \atag を用いることがありますが,
 その行に \tyuu を併用するには
   \tyuu<tag=atag>
 とオプションをつけます。
#ref(atag01.png)
***mawarikomi環境内の場合 [#u09ce25a]
 mawarikomi環境内で,別行立て数式に \tyuu を用いるとうまくないことが起きます。
 下の例で,3, 4 式に対する注釈は正しくついていますが,1, 2式に対する注釈はいけません。
#ref(mawarikomi02.png)
 図を飛び越える必要がある場合は,\tyuu に代えて \tyuu* を用います。
#ref(mawarikomi03.png)
---mawarikomi環境内で,テキスト部に注釈を付ける場合は,何の問題もありません。~
(\tyuu* を用いる必要はありません。)
#ref(mawarikomi01.png)
*注意事項 [#o7c6a91e]
--tyuukai環境自体は,ページをまたぐことが出来ますが,~
\tyuu によって付与される注釈はページをまたぐことは出来ません。~
tateidou 等により,ページ内に収める・分割する等の対応が必要です。
*関連事項 [#d5425cd3]
+[[tyuukai環境]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS