&size(24){''tyuukai環境''};
 擬似二段組で,右側を注釈領域とします。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#p94036c7]
emathBk.sty

*書式 [#ld7ac446]
 \begin{tyuukai}[#1]
 \begin{tyuukai}<#1>[#2]
  .....
 \end{tyuukai}
-#1: key=val
-#1: key=val (tyuukai環境に対するオプション)
#1 における有効な key は
:[[tyuuhaba>#tyuuhaba]]| 注釈領域の横幅を変更します。
-#2: key=val (tyuukai環境から呼び出される breakRline環境などに対するオプション)
#2 における有効な key は
:[[linesep>#linesep]]| 段間罫線と左段落とのアキを調整します。
:[[marginparsep>#marginparsep]]| 段間罫線と右段落(注釈)とのアキを調整します。
:[[tyuuhaba>#tyuuhaba]]| 注釈領域の横幅を変更します。

*例 [#b853cf34]
**基本例 [#dfbaa94c]
#ref(tyuukai01.png)
-注釈をつけるには,[[\tyuu コマンド>tyuu]]を用います。
**注釈領域の横幅変更 [#tyuuhaba]
 注釈領域の横幅を変更するには
   \setlength{\tyuuhaba}{....}
 とします。引数には,単位を伴う長さを与えます。
 デフォルトは 0.3\textwidth としてあります。
#ref(tyuuhaba01.png)
-この変更は,有効範囲内すべての tyuukai環境に影響を及ぼします。~
特定の tyuukai環境のみで,局所的に変更したいときは <tyuuhaba=..> オプションを用います。
#ref(tyuuhaba02.png)
-上の例では,<tyuuhaba=.5\textwidth>としていますが,左右2段は等巾にはなりません。~
注釈記号(矢印記号)の矢印先端から右端までが,指定した tyuuhaba となります。~
その矢印先端と左右領域の境界線との間隔が \marginparsep となっていますから,~
左右の巾は~
  左が 0.5\textwidth-\marginparsep~
  右が 0.5\textwidth+\marginparsep~
となっています。
**段間罫線 [#w9763a26]
 左の段落と注釈領域の間に罫線を引くか引かないかは
   \iftyuukeisen
 の真偽値によります。デフォルトは
   \tyuukeisentrue
 で,罫線が引かれます。引きたくなければ
#ref(tyuukeisen01.png)
**段間アキ(右) [#marginparsep]
 左の段落と注釈領域の間隔調整の話です。
 説明の便宜上,段間罫線を引いてあるとします。
 罫線と注釈との間隔は \marginparsep に従います。
 \marginparsep を変更すればアキを調整できますが,
 tyuukai環境に <marginparsep=..> オプションを付加することでこの変更を局所的にすることが出来ます。
 極端な例です:
#ref(marginparsep01.png)
**段間アキ(左) [#tyuulinesep]
 段間罫線と左の解答部との間隔は \fboxsep に従います。
 これを変更するのは,影響が大きいでしょう。
 <linesep=..> オプションで局所的に変更するのがよさそうです。
 罫線左右のアキをそろえている例です:
#ref(linesep01.png)
*注意事項 [#ded73bd8]
+ ページをまたぐことができます。
+ emathAt.sty にも,tyuukai環境が定義されています。~
こちらはページをまたぐことは出来ません。~
(なお,emathAt.sty は obsolete とします。)
*関連事項 [#gff28af1]
+[[\tyuu>tyuu]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS