&size(24){''囲み数式-講座''};
 数式を枠で囲みます。
#contents
#br

*\fbox [#eff4106d]
 テキストを四角で囲む \fbox は,数式に対しても有効です。
#ref(fbox01.png)

*\boxed [#e15284b7]
 \fbox はテキストモードであり,数式を囲むには,数式を $...$ などで囲む必要があります。
 amsmath.sty には,\boxed というコマンドが用意されていて,引数は数式モードになります。
#ref(boxed01.png)
-もちろん,数式モード内で使用することも出来ます。
#ref(boxed02.png)
-&aname(bboxed);EMfbox.sty で定義された \bboxed は,引数を太字にします。
さらに,罫線の太さも 1pt と太めです。
#ref(bboxed01.png)

*\EMboxed [#r9f49bfa]
 emathパッケージでは,枠線を破線としたり,背景色をつけたりする拡張機能を \EMboxed にもたせています。
#ref(EMboxed01.png)
#ref(EMboxed01p.tex,center,上のソースリスト)
-\EMboxed のオプションについては,[[\EMfbox のページ>EMfbox]]をご覧ください。
-カラーの扱いは,dvi-ware に依存します。\EMboxed が正しく機能しない場合は,~
下で紹介している PostScript で処理する \EMpsboxed or \EMpIIeboxed の使用をご検討ください。

*\psboxed [#a1c65911]
 枠のコーナを丸くする,となれば PostScript の出番でしょう。
 emath パッケージには \EMpsboxed(略称 \psboxed)コマンドがあります
#ref(psboxed01.png)
#ref(psboxed01p.tex,center,上のソースリスト)
-\psboxed のオプションについては,[[\psfbox のページ>psfbox]]をご覧ください。

*\pIIeboxed [#ge6ea91c]
 pict2e.sty を利用する \EMpIIeboxed (略称 \pIIeboxed)もあります。
#ref(pIIeboxed01.png)
#ref(pIIeboxed01p.tex,center,上のソースリスト)
-\pIIeboxed のオプションについては,[[\pIIefbox のページ>pIIefbox]]をご覧ください。
-ただし,pict2e.sty は dvi-ware に依存し,Windows の dviout は対応していません。
-pict2e.sty のバージョンは 2011/04/05 v0.2y 以降が必要です。
*関連事項 [#lbab143b]
-[[講座]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS