-落書き帳です。
ご自由にご利用ください。
-上のメニュー「編集」をクリックすれば編集画面が現れます。
-編集画面の下「テキスト整形のルールを表示する」をクリックすると,
強調表示・リスト作成などの方法がわかります。
-編集画面の下「プレビュー」をクリックすると,編集結果を見ることが出来ます。
-「キャンセル」をクリックすれば,編集はすべて無効となります。
-「ページの更新」をクリックすると,編集結果がこのページに反映されます。
&size(24){''\Absvec''};
 ベクトルの大きさを求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#h83e1ce3]
emathC.sty

*書式 [#h926a3bc]
\Absvec<#1>#2#3
-#1: オプション引数で,<perl>を指定したときは,perl との連携機能を用います。
-#2: ベクトル
-#3: ベクトル#2 の大きさを格納する制御綴
 ベクトル(#2)の大きさを制御綴(#3)に返します。

*例 [#o54b34f6]
**基本例 [#b4a67e33]
#ref(Absvec1.png)
**<perl> オプション [#lfedd0bf]
 perl との連携機能を必要とします。
 emathPp.sty をロードしておかねばなりません。
#ref(Absvec2.png)
*関連事項 [#b545b63e]
-[[数値計算]]
--[[ベクトルの計算(平面)>数値計算#vector]]
---[[\Argvec>Argvec]]
---[[\Unitvec>Unitvec]]
RIGHT:&counter;


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS