&size(24){''\EMpsBezier''};~
&size(24){''\EMpsRBezier''};~
 3次の Bezier 曲線を描画します。

#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#recd9999]
emathPs.sty
*書式 [#bd06ccf4]
 \EMpsBezier<#1>#2#3#4#5
-#1: key=val の形式
-#2: 端点1
-#3: 制御点1
-#4: 制御点2
-#5: 端点2

-#1 で有効なキーは
:[[linethickness>#linethickness]]|描画する線の太さを指定します。(デフォルトは1pt)
:[[dash>#dash]]|点線を指定します。
:[[waku>#waku]]|端点と制御点を結ぶ折れ線を表示します。

 \EMpsRBezier<#1>#2#3#4#5
-#1: key=val
-#2: 端点1
-#3: 制御点1 (#2 を極とする極座標)
-#4: 端点2
-#5: 制御点2 (#4 を極とする極座標)
*例 [#id4d2717]
**基本例 [#h3b9d09b]
 PostScript言語のオペレータに
   curveto
 という3次のベジェ曲線を描画するものがあります。
 pszahyou環境で,それを呼び出すコマンドが \EMpsBezier です。
#ref(EMpsBezier1.png)
**枠を描画 [#waku]
   \EMpsBezier<#1>#2#3#4#5
 において,#2, #5 の両端点は曲線が通過しますが(図の A, B),
 #3, #4 の制御点(図の P, Q)は曲線は通過しません。
  制御点の役割を見るには,上の図に指定4点を結ぶ折れ線を附加するのが良いでしょう。
 そのためのオプションが <waku> です。
#ref(EMpsBezier2.png)
**曲線の太さを変更 [#linethickness]
 ベジェ曲線の太さを変更するには <linethickness=..> オプションを用います。
 右辺値は単位を伴う長さです。
 デフォルト値は,
    pszahyou(*)環境では,1pt
 となっています。
#ref(linethickness01.png)
**曲線を破線で描画 [#dash]
 ベジェ曲線を破線で描画するには, <dash=..>オプションを用います。
#ref(dash01.png)
**制御点を極座標で与える [#a5d41bcc]
  制御点の座標を
      両端点を極とする極座標
 で与える方式が
      \EMpsRBezier
 です。
#ref(EMpsBezier3.png)
*注意事項 [#k56dbb34]
*関連事項 [#n4e45682]
-[[曲線の描画]]
--[[\emRbezier>emRbezier]]
//emath講座のページ~
//  http://emath.s40.xrea.com/xdir/kouza/Reference/EMpsBezier.htm~
//をご覧ください。
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS