&size(24){''指数関数のグラフ(数II)''};
 指数関数のグラフの描画例です。
#contents
#br

*例 [#u1a8a9e2]
**基本例 [#z82b6495]
 y=2^x のグラフを描画するには,perl との連携機能を用いた
   \YGraph
 が便利でしょう。
 2^x の perl 表現は
   2**X
 となります。
#ref(Gsisuu01.png)
CENTER:&ref(Gsisuu01p.tex,,上のソースリスト);
**底が1より小さい場合 [#bac66490]
 底が1より小さい場合,底の表記は 0.5 でも 1/2 でもかまいません。
 下のグラフでは,
   \zahyouMemori
 を用いてグリッド線を入れてみました。
#ref(Gsisuu02.png)
CENTER:&ref(Gsisuu02p.tex,,上のソースリスト);
**y=2^x と y=3^x の比較 [#k5b3f14c]
 2つのグラフを一つの座標平面に描画するには
 色をつけるのも有力な方法です。
 それには,zahyou環境よりも pszahyou環境の方が良いでしょう。
#ref(Gsisuu03.png)
CENTER:&ref(Gsisuu03.pdf,,上の PDF);
CENTER:&ref(Gsisuu03p.tex,,上のソースリスト);

*注意事項 [#u6bda852]
//+zahyou環境で色をつけるばあいは,dvipdfmx は使用できません。~
//(pszahyou環境をお勧めする一つの理由です。)
*関連事項 [#h2fcc808]
+[[\YGraph>YGraph]] 
+[[\YTenPut>YTenPut]]
+[[\zayouMemori>zahyouMemori-Pxy]]
+[[zahyou環境]]
+[[\Cfor>Cfor]]
+[[\Ifor>Ifor]]
+perl との連携については [[samplePp.pdf>http://homepage3.nifty.com/emath/pdf/samplePp.pdf]] 
をご覧ください。
+[[指数関数と対数関数]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS