&size(24){''\KinziEnko''};
 円弧の折れ線近似を取得します。
#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#vbd9b2f1]
emathPh.sty
*書式 [#n166f2d0]
\KinziEnko<#1>#2#3#4#5#6
-#1: 刻み値(デフォルトは 0.02)
-#2: 中心
-#3: 半径を直接与えるか tuukaten=xx として,円弧の周上の一点を与える
-#4: 始め角を直接与えるか~
hazimeten=xx として,中心を始点,xx を終点とするベクトルの方向角を 始め角とするように指定する。
#5: 終り角を直接与えるか~
owariten=xx として,中心を始点,xx を終点とするベクトルの方向角を 終り角とするように指定する。
-#6: 近似折れ線を受け取る制御綴
*例 [#cb29d747]
**基本例 [#nd03eda3]
 円弧を描画するには \Enko コマンドを用いるのが普通です。
 なぜに,\KinziEnko かといいますと,領域塗りつぶしのさい,
 境界線の一部に円弧が登場する場合は,\Enko ではうまくいかないからです。
#ref(KinziEnko01.png)
-上の例では,原点中心半径1の円の90°から360°までの円弧を近似する折れ線 \oreseni を取得しています。(図の赤色の部分です)~
これを \emPaint* に引き渡しますと,始点(A)と終点(B)を結ぶ線分が付加された閉多角形の内部が斜線塗りされます。
**始点,終点の指定 [#q079a99a]
 円弧の始点,終点は中心と点を結ぶ線分の方向角で指定しますが,点そのものを指定する方法もあります。
 下の例では,原点を中心とする単位円と,直線 x=2/3 で囲まれた2つの領域のうち,小さい方を斜線塗りします。
 \CandL などで直線と円の交点を求め,hazimeten=.., owariten=.. で始点・終点を指定しています。
#ref(owariten01.png)
**円弧の向き [#u401c558]
 通常は,円弧の出発点は偏角の小さい方で,終点は偏角の大きい方です。
 下の例では,原点を中心とする半径1, 2の2つの円の間(第1象限)を斜線塗りしたかったのですが.....
#ref(KinziEnko02.png)
-おかしなことになってしまいました。~
この場合,円弧AB, CDとも0°から90°までと指定していますから,向きがA→B, C→Dとなりますので,折れ線 ABCD はねじれてしまいます。~
どちらか一方の向きを逆転させる必要があります。ここでは C→D を D→C と逆転させることにします。~
\KinziEnko\O{1}{0}{90}を~
\KinziEnko\O{1}{90}{0}として,始点と終点を入れ替えますが,これだけでは駄目なのです。刻み値を負にする必要があります。~
刻み値の変更は <...> オプションで行いますから~
\KinziEnko<-0.02>\O{1}{90}{0} などとします。
#ref(KinziEnko03.png)
-ちょっとサボっています。~
\KinziEnko<->\O{1}{90}{0}~
として,デフォルト値 (0.02) を符号のみ変更という指示をしています。
-さらにサボって,始め角 > 終わり角 の場合は,強制的に刻み値を負にします。
#ref(KinziEnko04.png)
*入試問題から [#tff07004]
|||LEFT:|c
|2006 センター |&ref(0000200621.tex); |&ref(0000200621fig.png);|
|2008 岩手大学 |&ref(0009200804.tex); |&ref(0009200804fig.png);|
|2009 岩手大学 |&ref(0009200914.tex); |&ref(0009200914fig.png);|
|2009 東京大学 |&ref(0021200904.tex); |&ref(0021200904fig.png);|
*関連事項 [#n057f067]
-[[領域]]
--[[曲線の折れ線近似>領域#Kinzioresen]]
--[[境界の折れ線近似>領域#Kinzioresen]]
---[[\YLGraph>YLGraph]]
---[[\ParamLC>ParamLC]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS