&size(24){''\LandL''};
 2点を通る直線(2本)の交点を求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#pecb809a]
emathPh.sty

*書式 [#w4456521]
 \LandL#1#2#3#4#5
-2点 #1, #2 を通る直線と,2点 #3, #4 を通る直線の交点を #5 の制御綴に返します。
-#5 を~
  [代替名札名]交点を受け取る制御綴[\emathPut に引き継ぐオプション]~
として,交点に名札を貼る作業を同時に行うことも可能です。
*例 [#af97c051]
**基本例 [#v376259c]
 3点 A(0,0), B(2,0), C(1,3) を結ぶ三角形において
 中線 OQ, AP の交点 G を求める例です。
#ref(LandL01.png)
**名札も [#m31444bc]
 交点を受け取る制御綴に[方位オプション]を附加して名札を付けることも可能です。
#ref(LandL02.png)
-[方位オプション] は \emathPut に引き継がれますから,kuromaru なども記述可能です。
#ref(LandL03.png)
**入試問題から [#j076dd36]
|||LEFT:|c
|2012 杏林大学 |&ref(2060201202.tex); |&ref(2060201202fig.png);|
|2012 日本女子大学 |&ref(2121201204.tex); |&ref(2121201204fig.png);|
|2013 大阪市立大学 |&ref(1018201303.tex); |&ref(1018201303fig.png);|

*関連事項 [#rc2b7b37]
-[[直線の交点]]
RIGHT:&counter;


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS