&size(24){''\PutStr''};~
&size(24){''\PutStr*''};~
&size(24){''\putstr''};
 文字列を配置したい場所がたてこんでいるときなど,
 少し離れた位置に文字列を置き,目的位置まで矢線をひきます。
#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#pe5bc482]
emathPh.sty
*書式 [#edce496c]
 \PutStr#1#2to[#3]#4
 点#1 に文字列#2 を配置し,そこから点#4 に矢印をひきます。
 #1 と #2 の間に \emathPut の配置オプションを置くことが出来ます。
-#1 : 文字列を配置する点
-#2 : 文字列(emathPut の配置オプションを前置することができます)。
-#3 : 文字列から出る矢印を円弧にしたいときはその半径を指定する。~
または,key=val 形式で,有効なキーは
:[[addvec>#addvec]]| 終点の修正ベクトル(成分は単位付の数値--r(dx,dy)のときは,極座標形式)
:[[arrowheadsize>#arrowheadsize]]| 矢印のサイズを指定します(zahyou環境)。
:[[arrowsize>#arrowsize]]| 矢印のサイズを指定します(pszahyou環境)。
:[[bezier>#bezier]]| 矢線を bezier曲線で描画します。(pszahyou環境)。
:[[enkoH>#enkoH]]| 円弧と弦の距離を指定します。
:[[Hankei>#Hankei]]| 円弧の半径を指定します。
:[[linethickness>#linethickness]]| 線の太さを指定します。
-#4 : 矢線の終点

 \PutStr*#1#2to[#3]#4
 文字列#2を配置する位置は #1 ではなく,
 #4 に変位ベクトル#1 を加えた位置となります。
 変位ベクトル#1 の成分は,単位を伴った数値です。
-#1 : 文字列を配置する点を決めるための(#4からの)変位ベクトル
-#2〜#4 は上と同じ
*例 [#wbc4002e]
**基本例 [#ebfdbc49]
 点A(2,1)に文字列"1"を配置し,そこから点E(1,0)に矢線をひきます。
#ref(PutStr01.png)
**矢印のサイズ [#oeff0bb9]
***矢印のサイズ変更(zahyou(*)環境) [#arrowheadsize]
 矢印のサイズを変更したい場合は [arrowheadsize=..] オプションを用います。
 右辺値は,デフォルトに対する比率です。
#ref(arrowheadsize01.png)
***矢印のサイズ変更(pszahyou(*)環境) [#arrowsize]
 [arrowheadsize=..] オプションは pszahyou(*)環境に対しても有効です。
#ref(arrowheadsize01ps.png)
-鏃の形状を変えたいときは

#ref(arrowsize01.png)
-[arrowsize=..] の右辺値は,\setarrowsize の引数と同じです。~
[[\setarrowsize のページ>setarrowsize]] をご参照ください。
***矢印なし [#w5ee5813]
 矢印をつけたくないときは,
   [arrowheadsize=0]
 とします。
#ref(arrowheadsize02.png)
#ref(arrowheadsize02ps.png)
**矢線を円弧で [#r4d98ce1]
***半径指定 [#Hankei]
 矢線を円弧にしたいときは,オプション引数 [#3] に円弧の半径(無名数)を与えます。
#ref(PutStr03.png)
 円弧の半径に負の数値を与えたときは,矢印が負の回転を表すように描画されます。
#ref(PutStr04.png)
***矢印サイズの変更との併用 [#qad44b26]
 矢印サイズを変更するオプション [arrowheadsize=..] などと併用するときは
 [Hankei=..] オプションを用います。
#ref(Hankei01.png)
***弦からの高さ指定 [#enkoH]
 円の半径を指定するのではなく,両端を結ぶ弦からの高さを指定するオプションが [enkoH=..] です。
#ref(enkoH01.png)
**矢線を bezier曲線 [#v9a752c9]
 文字列配置点と矢線の終点を bezier曲線で結びます。
 ただし,このオプションは pszahyou(*)環境でのみ使用できます。
#ref(bezier01.png)
-bezier=.. の右辺値は,[[\emRbezier>emRbezier]] に引き渡されます。
-bezier=.. の右辺値に,\emRbezier の <...> オプションを前置することができます。

#ref(bezier02.png)
** \PutStr* [#PutStrAst]
 アスタリスクつきのコマンド \PutStr* の場合,
 #1 は点E を基準とする変位ベクトルです。
#ref(PutStr02.png)
** putstr [#putstr]
 \PutStr*{(dx,dy)}..... は
   \putstr(dx,dy)..... 
 と書くことも出来ます。
#ref(putstr05.png)
**矢線終端位置の微調整 [#addvec]
 点に \Kuromaru を付している場合,矢印の先が埋没してしまいます。
#ref(addvec01.png)
-終端を移動するオプションが~
  [addvec=..]~
です。右辺値は終端に対する変位ベクトルです。成分は単位付きの寸法です。

#ref(addvec02.png)
-変位ベクトルを極座標形式で与えるには,右辺値の先頭に r を付加します。

#ref(addvec03.png)
-極座標形式の角のところを * とした場合は,~
  矢線の終点から始点に向かうベクトルの方向角~
と解釈されます。

#ref(addvec04.png)
**オプションの併用 [#d893b96e]
 [#3] オプションは,複数のキーを
   , 区切り
 で併記することができます。
#ref(addvec05.png)
*関連事項 [#ec979b55]
-[[点列の定義]]
--[[\tenretu**>tenretu**]]
-[[矢印の描画]]
--[[\iiiPutStr>iiiPutStr]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS