&size(24){このページは &color(red){obsolete}; です。};~
[[\PolarC>PolarC]] をお使いください。

&size(24){''\RGurafu''};
 極座標において,極方程式で表された曲線を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#lf3d0658]
emathPp.sty

*書式 [#w24c651e]
 \RGurafu[#1](#2)#3#4#5
-#1: key=val
-#2: θ の刻み値(デフォルトは 0.05)
-#3: R=f(θ) 媒介変数は T で表します。
-#4: θ の初期値
-#5: θ の終値

-#1 における有効な key は
:[[dash>#dash]]| 曲線を破線で描画します。

*例 [#r0561e63]
**蝸牛線 (リマソン limacon) [#c07d8cac]
 極方程式 r=a+b*cosθ で表される曲線がリマソン(蝸牛線)と呼ばれます。
***心臓形(カージオイド, cardioid) [#ac445653]
 特に a=b の場合がカージオイド(心臓形)です。
#ref(RGurafu01.png)
***入試問題から [#b46aa97e]
|||LEFT:|c
|2005 岡山大学 |&ref(0061200509.tex); |&ref(0061200509fig.png);|
**螺線 (spiral) [#obfc215b]
***アルキメデスの螺線 [#cf618232]
#ref(Arasen01.png)
**その他 [#ka06ce09]
***入試問題から [#b46aa97e]
|||LEFT:|c
|2005 鹿児島大学 |&ref(0077200510.tex); |&ref(0077200510fig.png);|
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS