&size(24){''\YPaintii''};~
 2つの関数 y=f1(x), y=f2(x) で挟まれた領域を塗りつぶします。
 perl との連携機能が必要です。

--斜線塗りについては,[[アスタリスク付きコマンド \YPaintii*>YPaintii*]] を用います。

#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#yb5a194f]
emathPp.sty

*書式 [#n3faa586]
\YPaintii<#1>#2#3
-#1: key=val
-#2: 関数式1
-#3: 関数式2
#1 における有効な key は
:minx| x の範囲について,最小値を指定します。
:maxx| x の範囲について,最大値を指定します。
:[[nuriiro>#paintcolor]]| 塗りの色を指定します。
:[[paintcolor>#paintcolor]]| 塗りの色を指定します。
:[[thickness>#thickness]]| 塗りつぶしの濃度を指定します。~
0〜1 の無名数で,0 は白,1は黒で,デフォルト値は 0.5 となっています。
*例 [#a023507c]
**基本例 [#g8ea2de8]
 2つの関数
   f1(x)=4-x^2
   f2(x)=x^2
 のグラフが,区間
   -1 ≦ x ≦ 1
 において囲む領域を塗りつぶします。
#ref(YPaintii00.png)
**塗りの濃度[#thickness]
 塗りの濃度を指定するには,<thickness=..>オプションを用います。
 引数の値は 0〜1 の数値です。
   0 : 白
   1 : 黒
 で,デフォルト値は 0.5 としてあります。
#ref(thickness01.png)
-同じ濃度指定 (0.5) でも,出力デバイス,そのドライバによって見た目の濃度は異なります。
-濃度を 0 とした場合,dviout.exe で印刷するには,dviout の設定に注意が要ります。
[[\Henkoの注意事項>HenKo#tyuui]]をご覧ください。

**塗りの色 [#paintcolor]
 塗りつぶしの色を指定するには,
   <paintcolor=..>
 オプションを用います。
#ref(paintcolor01.png)
-nuriiro も paintcolor と同義のキーです。

**入試問題から [#me9daee6]
|||LEFT:|c
|2011 富山大学 |&ref(0110201111.tex); |&ref(0110201111fig.png);|
|2009 琉球大学 |&ref(0078200903.tex); |&ref(0078200903fig.png);|
*注意事項 [#ea04d55b]
*関連事項 [#na5d47b6]
-[[領域]]
--斜線塗り [[\YPaintii*>YPaintii*]]
--y=f(x) のグラフと,その弦とで囲まれた領域の塗り [[\YPaint>YPaint]]
-旧様式のコマンド [[\YNurii]] については,sampleP.tex, samplePp.tex をご覧ください。
--[[塗りつぶし>領域#nuritubusi]]
---斜線塗り [[\YPaintii*>YPaintii*]]
---y=f(x) のグラフと,その弦とで囲まれた領域の塗り [[\YPaint>YPaint]]
---旧様式のコマンド [[\YNurii]] については,sampleP.tex, samplePp.tex をご覧ください。
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS