&size(24){''arydshln''};~
&size(24){''hhdshln''};
 emathT.sty のロードオプションです。
 arydshln.sty と emathT.sty を併用して,表の罫線を破線とするためのオプションです。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#n14811d3]
emathT.sty [2010/06/11]

*書式 [#v525a1c2]
 \usepackage[arydshln]{emathT}
または
 \usepackage[hhdshln]{emathT}

*解説 [#t780e3fa]
**arydshln.sty & hhline.sty [#h6980601]
 表の罫線を破線とするには,arydshln.sty を用いるのが一般的です。
 ところが,このスタイルファイルは hhline.sty と併用するとうまくないことが起きます。
#ref(hhline0.png)
 破線で引いた列間罫線のみならず,左右両端の実線罫線も上横罫線とつながらなくなっています。
 上の例では,ロードされているのは arydshln.sty と hhline.sty の2つだけで,
 emath とは無関係な現象であることにご留意ください。
 (arydshln, hhline のロード順を変えてもダメ,array.sty をロードしてもダメです)

**emathT に対するロードオプション [arydshln] [#ef95f562]
 emathT.sty では,hhline.sty をロードしていますから,
 さらに arydshln.sty をロードすると,上のトラブルに見舞われます。
 そこで,emath では,emathT にロードオプション [arydshln] を用意して,
 このオプションがついたときは arydshln.sty をロードするが,hhline.sty はロードしないこととしました。
#ref(arydshln01.png)

**emathT に対するロードオプション [hhdshln] [#adea1777]
 横罫線を二重にするには \hline をダブらせるのですが,
 二重になった部分で縦罫線が切れてしまいます。
#ref(hhline1.png)
 これを切れないようにするには,
 arydshln.sty に加えて hhdshln.sty を用いるのですが,emath では
   \usepackage[hhdshln]{emathT}
 とします。
 (この場合も,hhline.sty は読み込まれず,
    hhdshln.sty で再定義された \hhline など
  が用いられます)。
#ref(hhdshln01.png)
#ref(hhdshln01p.tex,center,上のソースリスト)
*注意事項 [#k3311d3b]
-hhdshln.sty は,[[作者(中島 浩 氏)のホームページ>http://www.para.media.kyoto-u.ac.jp]]にあります。

-このページの記述は~
  arydshln.sty [2004/08/31 v1.71 ]~
に基づいています。これより古いバージョンでは不具合が発生する事例が~
  [[掲示板No.7933>http://hpcgi3.nifty.com/emath/treebbs.cgi?kako=1&all=7933&s=7933]]
にあります。
*関連事項 [#xf462743]
-[[併用に問題があるスタイルファイル]]
-[[ロードオプション]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS