&size(24){''betaenumerate環境''};
 enumerate環境は,項目を縦に並べます。
   1. .....
   2. .....
   3. .....
 それに対して,betaenumerate環境は項目を横に並べます。
   1. ..  2. .......  3. .....
   4. .....  5. ..  6. .....
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ue154859]
emathEy.sty[2008/10/14]

*書式 [#vd397c01]
 \begin{betaenumerate}<#1>[#2]
   \item .....
   \item .....
   ...........
 \end{betaenumerate}
-#1: key=val
-#2: enumerate環境と同じく,項目番号の書式指定

-#1 における有効な key は
:[[betaraggedlines>#raggedlines]]| 最終行以外の行に対して両端揃えとするか否かのスイッチ
:[[betaraggedlastline>#raggedlines]]| 最終行を両端揃えとするか否かのスイッチ
:[[edaLmargin>#edaLmargin]]| 左インデントを指定します。
:[[postedasep>#postedasep]]| 項目間の空きを調整します。
:[[syokiti>#syokiti]]| 番号付けの初期値を変更します。右辺値に指定した値の次の番号から始まります。

*例 [#cd932b68]
**基本例 [#e855517e]
#ref(ex01.png)
**左インデントの指定 [#edaLmargin]
 デフォルトでは,左インデントは 0pt となっています。
 これを変更するには <edaLmargin=..> を用います。右辺値は単位を伴う長さです。
#ref(edaLmargin01.png)
**項目間の空き [#postedasep]
 項目間の空きは \post@edasep の値によって決まります。デフォルトは
   \setlength{\post@edasep}{.75zw}
 としてあります。この値を変更する方法を2種類用意してあります。
+<postedasep=..>オプション
#ref(postedasep01.png)
--この方法は,当該 betaenumerate環境のみに影響する局所的なものです。
+\setpostedasep コマンド
#ref(postedasep02.png)
--この方法は,\setpostedasepコマンドが有効な範囲にあるすべての betaenumerate環境に働きます。
**両端揃え [#raggedlines]
#ref(raggedlines01.png)
--このオプションは,当該 betaenumerate環境に対してのみ有効です。~
広範囲に有効とするには~
  両端揃え:\raggedlinesfalse, \raggedlastlinefalse~
  左揃え :\raggedlinestrue, \raggedlastlinetrue~
  両端揃え:\betaraggedlinesfalse, \betaraggedlastlinefalse~
  左揃え :\betaraggedlinestrue, \betaraggedlastlinetrue~
を宣言します。
**初期値の変更 [#syokiti]
 番号付けの初期値を指定します。
#ref(syokiti01.png)
*関連事項 [#bdd64737]
-[[edaenumerate環境]]
-[[yokoenumerate環境]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS