&size(24){''enumerate環境の拡張''};
 emath パッケージにおける enumerate環境の拡張案内です。
#contents
#br

*項目番号 [#obe2a005]
**デフォルト [#mde6b57b]
 enumerate環境による番号付けの書式はデフォルトでは
   第1層:1. 2. 3. .......
   第2層:(a) (b) (c) .....
   第3層:i. ii. iii. .....
   第4層:A. B. C. .......
 となっています。
**書式変更(1) [#n7bc8fd2]
***\labelenumi などの再定義 [#xb081a2d]
 番号付けの書式を変更するには,
   \theenumi, \theenumii, .....
 および
   \labelenumi, \labelenumii, .....
 を再定義します。
#ref(labelenumi01.png)
-第2層は,カウンタ enumii を用いて \theenumii, \labelenumii を再定義します。
#ref(labelenumii01.png)
-以下,~
  第3層は,カウンタ enumiii を用いて \theenumiii, \labelenumiii を再定義,~
  第4層は,カウンタ enumiv を用いて \theenumiv, \labelenumiv を再定義,~
となります。
***カウンタの出力コマンド [#f95c6bee]
 LaTeX の カウンタを出力するには,上の例で用いた \arabic などが用意されています。
#ref(counter01a.png)
--注1 [[ローマ数字]] のページもご参照ください。
--注2 [[ローマ数字・小文字]] のページもご参照ください。

 アスキー pLaTeX には,カウンタを漢数字で出力する \Kanji コマンドがあります。
 ただし,plext.sty を必要とします。
#ref(counter02a.png)
#ref(counter02p.tex,,使用例)
 emath では,次のものも定義してあります。
#ref(counter03a.png)
#ref(2218200522.tex,,使用例)
-\arabic など,上表の左列のコマンドはすべて LaTeX のカウンタを引数にとるものです。~
TeX のカウンタを与えることはできませんし,
直接,数値を引数に与えることもできません。
-数値を与えて変換するには,右列のコマンドを用います。

**書式変更(2) [#p40d7b29]
***enumerate の [..] オプション [#n15c1fae]
***メタ文字 [#beeb2872]
|CENTER:||LEFT:||c
|メタ文字|コマンド(引数はLaTeXのカウンタ)|emath のデフォルト|出力|
|A|\Alph|---|A, B, C, ...|
|a|\alph|---|a, b, c, ...|
|I|\emRomancnt|\Roman|I, II, III, ...|
|i|\emromancnt|\roman|i, ii, iii, ...|
|J|\emKakkoRomancnt|\emKakkoRoman|(I), (II), (III), ...|
|j|\emKakkoromancnt|\emKakkoroman|(i), (ii), (iii), ...|
|1|\arabic|---|1, 2, 3, ...|
|m|\marucnt|\maru{\arabic{#1}}|丸付き数字|
|n|\nagamarucnt|\nagamarau{\arabic{#1}}|縦長の丸付き数字|
|ア|\カタカナ|\@カタカナ{\arabic{#1}}|ア, イ, ウ, エ, オ, ...|
|あ|\ひらがな|\@ひらがな{\arabic{#1}}|あ, い, う, え, お, ...|

***\labelenum との優先順位 [#qda20e4c]
***[...] オプションの無効化 [#j2cc3f48]
[[\ignoreEnumBrackOption>ignoreEnumBrackOption]]
*設定の修正 [#zd1440ae]
**左インデント [#ee3c3fdb]
**行間 [#b8738301]
**使用カウンタ [#usecounter]
*enumerate環境の中断・継続 [#w1720af2]
 下のような場面では,
   以下では,.....
 の部分は,enumerate環境による字下げを排し,版面左端から記述したいところです。
#ref(Enumerate00.png)
**enumerate環境の中断・継続 [#Enumerate]
-対応策の一つは,Enumerate, Enumerate*環境による enumerate環境の中断・再開です。
#ref(Enumerate01.png)
--詳しくは,[[Enumerate環境のページ>Enumerate環境]]をご覧ください。
**escapelist環境 [#escapelist]
-もう一つの方法は,enumerate環境はそのままで,~
左に突き出したい部分を escapelist環境内に記述します。
#ref(escapelist02.png)
--list環境をネストしている場合は,1層だけ前の左インデントの位置に突き出します。~
版面左端まで突き出させるには [0pt] オプションを用いますが,詳しくは,[[escapelist環境のページ>escapelist環境]]をご覧ください。
*横に並べる enumerate [#d13e7858]
 項目を横に並べます。
#ref(ex01.png)
**edaenumerate環境 [#x40bad12]
-[[edaenumerate環境]]のページへどうぞ
**[[yokoenumerate環境]] [#w7de4e9c]
-[[yokoenumerate環境]]のページへどうぞ
**[[betaenumerate環境]] [#m9280373]
-[[betaenumerate環境]]のページへどうぞ
**[[tabenumerate環境]] [#tabenumerate]
-[[tabenumerate環境]]のページへどうぞ
*注意事項 [#z829762e]
*関連事項 [#lcfa52c0]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS