&size(24){''fleqnon環境''};
 局所的に,別行立て数式配置を左寄せにします。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#occ39506]
emath.sty

*書式 [#e231962c]
 \begin{fleqnon}[#1]
   別行立て数式環境
 \end{fleqnon}
-#1: 版面左端からの字下げ量(単位付き長さ)デフォルトは \leftmargini

*例 [#l919183e]
**基本例 [#d92a7db9]
 LaTeX のデフォルトでは,別行立て数式は中央寄せで配置されます。
 左寄せで配置するには,\documentclass に [fleqn] オプションをつけますが,
 文書全体は中央寄せで,一部を左寄せにしたい,という場合は
   fleqnon環境
 を用います。
#ref(fleqnon1.png)
*関連事項 [#i48538d2]
-[[fleqnoff環境]]
RIGHT:&counter;


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS