&size(24){''\gyouretu''};
 2次の正方行列を表示します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#l3ec5604]
emgyouretu.sty

*書式 [#ca1b525c]
\gyouretu<#1>[#2]#3#4#5#6
-#1: key=val 形式
-#2: 揃え位置を示すオプション引数(デフォルトは c---中央揃)
-#3: 1-1 要素
-#4: 1-2 要素
-#5: 2-1 要素
-#6: 2-2 要素
-#1で有効なキーは
--[[gyoukan>#gyoukan]]: 行列の行間を増減します。右辺値は単位を伴う長さです。
*例 [#ja43dcf5]
**\pmatrix コマンド [#pmatrix-cmd]
 LaTeX で行列を表すコマンドは \pmatrix です。
 このコマンドは plain TeX で定義されています。
#ref(pmatrix0.png)

**amsmath における再定義 [#pmatrix-env]
 AmSLaTeX で pmatrix が再定義され,環境になっています。
 emath では,amsmath.sty をロードしていますから,
   \pmatrixコマンドは使えず
   pmatrix環境を使う
 こととなります。
#ref(pmatrix1.png)

**\gyouretuコマンド [#gyouretu]
***\gyouretuコマンド [#rb8123cc]
 高校数学では,2次の正方行列がよく使用されるため,
 emath では,専用のコマンド
   \gyouretu
 を用意しています。
#ref(gyouretu1.png)
***略記 [#k4bf784e]
 引数が1文字のときは,{.} で括る必要がないので略記して:
#ref(gyouretu2.png)
-先頭引数が文字の場合は~
  \gyouretuabcd~
としてはいけません。~
(\gyouretuabcd というコマンドと解釈され,エラーとなります。)~
コマンドと引数の間に半角空白を入れます。
***単位行列・零行列 [#xc5a84ea]
 特に,単位行列・零行列は簡単に表せます。
#ref(gyouretu3.png)
***回転を表す行列 [#Rgyouretu]
 角θの回転を表す行列を表示するコマンドが \Rgyouretu です。
#ref(Rgyouretu01.png)
-回転を表す行列の逆行列を表示するには \Rgyouretu* を用います。
#ref(Rgyouretu02.png)
***行間調整 [#gyoukan]
 成分に分数が登場すると,行間が窮屈になります。
 行間を空けるには <gyoukan=..> オプションを用います。
#ref(gyouretu4a.png)
-<gyoukan=..> オプションは,当該 \gyouretu のみに作用する局所的なものです。~
広範囲に作用させるためには,\gyouretugyoukan コマンドを用います。
#ref(gyoukan01.png)
***揃え位置 [#q920ca4a]
 列の要素の桁数が異なる場合,デフォルトでは中央揃えとなります。
 これを右そろえとするには \gyouretu に [r] オプションを附加します。
#ref(gyouretu6.png)
-ただし,この機能は amslatex の version 2 が前提です。
*注意事項 [#v640d78b]
*関連事項 [#r09ecad2]
-[[行列]]
++[[2次の列ベクトル \retube>retube]]
-[[数学C]]
--[[行列]]
+++[[2次の列ベクトル \retube>retube]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS