テキストを吹き出し枠で囲みます。

**定義されているスタイルファイル [#o19fcf12]
 emathPb.sty

**書式 [#bfeb2937]
 \begin{hukidasibox}[#1]
 .....~
 \end{hukidashibox}

-#1: key=val をコンマ区切りで並べます。有効な key は

:hankei|コーナーの四分円の半径(デフォルトは 0pt)
:width|この box の幅(実際は余白分が加えられます)
:Heni| ボックスを配置する位置の調整
:hukidasihaba|吹き出しの幅(デフォルトは 20pt)
:hukidasiiti|吹き出しの位置 T:上 B:下 L:左 (デフォルトは T)
:hukidasitakasa|吹き出しの高さ(デフォルトは 10pt)
:hukidasiiti|吹き出しの位置 T:上 B:下 L:左 (デフォルトは T)
:width|この box の幅(実際は余白分が加えられます)

 hukidasihaba#1
-吹き出し幅のデフォルト値を指定します。

 hukidasitakasa#1
-吹き出しの高さのデフォルト値を指定します。

**例 [#i2c32d38]
#ref(http://www006.upp.so-net.ne.jp/t-2/emathwiki/hukidasibox.png)
 

*関連事項 [#l1a520e8]
//-オプション引数の詳細については,[[\hukidasi コマンド>hukidasi]]
//のページをご覧ください。
-hukidasibox環境内の文字列が短い場合は,[[\hukidasi コマンド>hukidasi]]
の方が使いやすいでしょう。
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS