&size(24){''\itemtopmath''};
 enumerate環境で,\item 直後に別行立て数式環境を配置すると,
 \item による項目番号と数式行がずれます。
 その対応策です。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#lbf7765a]
itemtopmath.sty

*書式 [#i3a888b8]
\itemtopmath<#1>[#2]
-#1: 上下の微調整量
-#2: key=val
-有効な key は
:[[L>#itemtopmathL]]| 数式行左辺の高さ・深さが標準行に納まらない場合
:[[R>#itemtopmathR]]| 数式行右辺の高さ・深さが標準行に納まらない場合

*例 [#rbf58075]
**基本例 [#y702a692]
 まずは,ずれの確認です。
#ref(itemtopmath00.png)
-このページでは,~
  項目番号のベースライン~
  数式,第1行のベースライン~
を比較しますので,それぞれを黒,赤の線で明示します。
**対応策(1) [#b7e1c03f]
 このズレは当然です。
 「別行立て数式」ですから,本文(項目番号も本文の一部)とは
 別に配置されるのが仕様です。
 対応策は,本文をきちんと記述することです。
#ref(honmon01.png)
**対応策(2) [#m57a486a]
 そうはいっても,項目番号に数式を続けたい,
 ということなら
   別行立て数式環境(align)
 ではなく,
   本文内数式環境 (aligned)
 を用いる回避法もあります。
#ref(aligned01.png)
-aligned 環境に [t] オプションを付けておけば,赤線と黒線は重なります。
-aligned 環境では数式番号が付きません。~
数式番号を付与したい,という場合は下の \itemtopmath コマンド,~
あるいは,[[emaligned環境]] を用います。
**\itemtopmath [#jc097556]
 数式番号も付け,他の数式環境と同じ(横)位置に
 などという無茶な要求に対しては
   赤線と黒線
 の縦位置を \vspace などで動かすことになります。
 これを限定付きで実現したものが \itemtopmath コマンドです。
#ref(itemtopmath01.png)
-\itemtopmath は万能ではありません。場面によっては修正が必要です。
**左辺の補正([L=...] オプション) [#itemtopmathL]
 数式の高さ深さが標準の一行に納まらない場合は,
 \itemtopmath だけでは補正できません。
 まずは数式第1行の左辺がデカイ場合を見ます。
#ref(itemtopmathL01.png)
 数式第1行の左辺がデカイ場合は
   [L=....]
 オプションを付けます。右辺値は数式行の左辺です。
 このばあい,align環境の第1行左辺は
   \itemtopmathL
 と記述します。
#ref(itemtopmathL02.png)
**右辺の補正([R=...] オプション) [#itemtopmathR]
 数式第1行の右辺がデカイ場合は
   [R=....]
 オプションを付けます。右辺値は数式行の右辺です。
 このばあい,align環境の第1行右辺は
   \itemtopmathR
 と記述します。
#ref(itemtopmathR02.png)
-この場合,align環境内第1行末尾には改行記号 \\ をつけません。~
\itemtopmathR に,改行補正量を含め記述されているからです。
**左辺・右辺両方の補正 [#xd08a23b]
 数式第1行の左辺・右辺両方がデカイ場合は
   [L=...,R=...]
 オプションを列記します。
#ref(itemtopmathR03.png)
*注意事項 [#l1ef8a2e]
-\itemtopmath は,苦し紛れの逃げ道です。~
説明文をつける,aligned環境の使用が望ましい,と再度いっておきます。
-tyuukai環境の中では使用できません。
-\itemtopmath の引数 [#2] の仕様は,訂正版 emathc131217 で変更されました。~
それより前に作成された文書で \itemtopmath を使用している場合は~
   \usepackage[old]{itemtopmath}~
として,ロードオプション [old] を附加します。もちろんその場合,当ページの記述は意味を持ちません。
//*入試問題から [#b175c472]
//|||LEFT:|c
//|2010 山形大学 |&ref(0013201012.tex); |&ref(0013201012fig.png);|
RIGHT:&counter;


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS