&size(24){''\kandk''};
 1点と方向角で指定された二直線の交点を求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#p18ab527]
emathPh.sty

*書式 [#f73462c4]
\kandk#1#2#3#4
-#1: 点1
-#2: 方向角1
-#3: 点2
-#4: 方向角2
-#5: 交点を受け取る制御綴

 点 #1 を通り,方向角 #2 の直線と
 点 #3 を通り,方向角 #4 の直線との
 交点を #5 の制御綴りに返します。
 交点を #5 の制御綴に返します。

*例 [#uc1b3580]
**基本例 [#kf5a0309]
 点A(-2,0)を通り方向角が 45°の直線と
 点B(2,0)を通り方向角が 120°の直線との交点 P
 を求める例です。
#ref(kandk01.png)
-∠PBA=60°であることを表に出したい,ということなら~
  直線 PB の方向角を -60°~
と指定するのも一法でしょう。
#ref(kandk02.png)
**ラングレー(Langley)の問題 [#cbb11738]
#ref(Langley01.png)
#ref(Langley01p.tex,center,上のソースリスト)
**入試問題から [#v5dc1dd8]
|||LEFT:|c
|2006 東海大学 |&ref(2095200625.tex); |&ref(2095200625fig.png);|

*関連事項 [#c0583587]
-[[直線の交点]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS