&size(24){''mtp2lite-LO''};~
 emath.sty のロードオプションです。
 mtpro2.sty を [lite] オプション付きで用います。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#a98b7047]
emath.sty

*書式 [#i0e4eadb]
\usepackage[mtp2lite]{emath}

*基本例 [#ce6d8204]
 mtpro2.sty は \arc を定義しています。
 emathパッケージでよく利用する
   eepic.sty
   pict2e.sty
 にも \arc が定義されています。
 これら「コマンドの衝突」に,
 emathの立場から折り合いを付けるロードオプションです。
#ref(mtp2lite-LO01.png)
#ref(mtp2lite-LO01p.tex,center,上のソースリスト)
*mtpro2.sty の \arc [#te3eb06d]
 mtpro2.sty で定義されていた \arc は \MTarc の名で保存されています。
#ref(MTarc01.png)
*pict2e.sty との併用 [#n83f2d16]
 pict2e.sty にも \arc が定義されています。
 mtpro2.sty と pict2e.sty を併用するには
   \usepackage[mtp2lite]{emath}
   \usepackage[dvipdfmx]{EMpict2e}
 の手順でロードします。
#ref(pict2e01.png)
#ref(pict2e01p.tex,center,上のソースリスト)
*関連事項 [#r0b0ddc5]
-mtpro2.sty については~
[[CTAN/fonts/mtp2lite/>http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/fonts/mtp2lite/]]
-[[ロードオプション]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS