&size(24){''\pKTkukan''};
 連立不等式の解を図表示します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ueb2dafb]
emathPp.sty [2007/05/08]

*書式 [#k86084ed]
\pKTkukan<#1>[#2]#3
-#1: key=val
-#2: 各数直線の右に表示するものを指定します。~
(デフォルトは,順に \maru1, \maru2, \maru3, .....)
-#3: 各不等式の解区間を ; で区切って並べます。~
区間は~
  開区間   : (-3,5)~
  閉区間   : [-3,5]~
  半開区間 : (-3,5], [-3,5)~
  無限区間 : (,-3), (5,)~
などと表します。~
2つの区間の和集合は (,-3)|(5,) などのように,`|'を用います。

#1 における有効な key は
:[[perl>#perl]]| 区間の端点に perl の計算式による記述を許可します。

*例 [#p8d5c3c3]
**基本例 [#j073e12a]
 連立不等式ひとつひとつの解:
   x > -2
   -3 ≦ x ≦ 2
 をそれぞれ
   (-2,)
   [-3,2]
 と表記し,; で区切って \pKTkukan の引数 #3 に与えます。
#ref(pKTkukan01.png)
CENTER:&ref(pKTkukan01p.tex,,上のソースリスト);
-\pKTkukan は,zahyou*環境内に置くことを前提としています。
-数直線は zahyou*環境において,直線 y=0 とします。~
ただし,その描画・目盛りを打つのは \pKTkukan の仕事ではなく,
ユーザが場面に応じて記述します。
-連立不等式それぞれの解は,zahyou*環境において,直線~
   y=-1, y=-2, ....~
上に太線で描画されます。答の区間はそれらの下 1 だけ下がった位置に描画されます。~
これらの縦間隔を調整するには,zahyou*環境のオプション [yscale=..] を用います。
**区間端点が分数などの場合 [#perl]
 区間の端点が分数,平方根を伴った数の場合は
   近似値を与える
 かまたは
   <perl> オプションをつけて,perl の計算式
 で記述します。
#ref(pKTkukan02.png)
CENTER:&ref(pKTkukan02p.tex,,上のソースリスト);
**複数の区間の和集合 [#k1e999a9]
 不等式の解が,複数の区間の和集合となる場合は,複数の区間を
   |
 で区切って与えます。
#ref(pKTkukan03.png)
CENTER:&ref(pKTkukan03p.tex,,上のソースリスト);
*注意事項 [#jefa367f]
+このコマンドは,perl との連携機能を必要とします。~
(たとえ,<perl> オプションを付けない場合でも)
*関連事項 [#k44072d5]
+同じようなコマンドに [[\KTkukan>KTkukan]] があります。~
その仕様等については,
[[sampleP.pdf>http://homepage3.nifty.com/emath/pdf/sampleP.pdf]] 
をご覧ください。


// その仕様等については,
// [[sampleP.pdf>http://homepage3.nifty.com/emath/pdf/sampleP.pdf]] 
// をご覧ください。
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS