&size(24){''\seitakakkei''};
 一辺を指定して正多角形を作図します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#a28b8645]
emathPh.sty

*書式 [#h8305ceb]
\seitakakkei<#1>#2#3#4#5
-#1: key=val で,\EnkoToubun に引き継ぐオプション
-#2,#3: 1辺(有向線分)
-#4: 頂点数
-#5: 頂点の名前

*例 [#x45fb082]
**基本例 [#zddb41db]
 辺 OE を一辺とする正五角形を描画します。
#ref(seitakakkei01.png)
-外接円の中心が,#5 に o を付加した制御綴に返ります。
-#2, #3 を逆転させると
#ref(seitakakkei02.png)
-#2 から #3 へ向かう半直線を,正の向きに(鋭角だけ)回転させた半直線上に中心に取ります。
**応用例 [#ouyou]
 サッカーボール(正準多面体)の展開図の一部を描画する例です。
#ref(seitakakkei10.png)
*関連事項 [#w11bad0b]
-\seitakakkei コマンドは,\EnkoToubun コマンドを呼び出しています。~
  <#1> オプション~
の使用法などは,[[\EnkoToubun コマンドのページ>EnkoToubun]]をご覧ください。
-emPoly.sty に \Rpolygon というコマンドがあります。
そちらは,obsolete 扱いとします。
*注意事項 [#o1b09276]
-perl との連携機能が必要です。
RIGHT:&counter;


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS