\coloneqq

記号論理における「定義」を表す記号 (:=) を出力します。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty

書式

\coloneqq

基本例

:= を並べるだけですが,: の縦位置に不満があると \coloneqq の出番となります。
coloneqq01.png

mathabx のフォント

mathabx には,独自フォントが用意されています。
ただし,出力するコマンド名は \coloneq となっています。
mathabx01.png

txfonts

txfonts にも,独自フォントが用意されています。
txfonts01.png
  • この場合,フォント全部が txfonts となります。
    フォントは cm で記号だけ txfonts から借用すると
    txfonts02.png

関連事項


添付ファイル: filetxfonts02.png 120件 [詳細] filetxfonts01.png 115件 [詳細] filemathabx01.png 113件 [詳細] filecoloneqq01.png 124件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 20:24:03 (2271d)