\iiiHamidasisenbun(*)
\iiiHamidasisenbuns

座標空間内に,両端をいくらか延ばした(はみ出した)線分を描画します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPk.sty

  • 場面によっては perl呼び出しを行います(要:emathPl.sty)

書式

\iiiHamidasisenbun[#1]<#2>#3#4#5#6
  • #1 : key=val で,有効なキーは
hidariM
左にはみ出した点に文字列を出力する(方位のデフォルトは[w])
hidariT
左にはみ出した点 (\hidariT) に名前をつけて保存
migiM
右にはみ出した点に文字列を出力する(方位のデフォルトは[e])
migiT
右にはみ出した点 (\migiT) に名前をつけて保存
  • #2 : \Drawline に引き渡されるオプション引数
  • #3 : 左端点
  • #4 : 右端点
  • #5 : 左のはみ出し量(単位つき寸法)
  • #6 : 右のはみ出し量(単位つき寸法)
    • はみ出し量に負の値を与えれば,縮みます。
    • このコマンドを実行した後
        左にはみ出した点が \hidariT
        右にはみ出した点が \migiT
      に定義されています。
\iiiHamidasisenbun*[#1]<#2>#3#4#5#6
  • はみ出し点を \hidariT, \migiT に定義するだけで,線分を描画しません。

基本例

両端をいくらか延ばした線分を描画します。
下の例では,線分MN の両端を20ptずつ延ばして描画しています。
iiiHamidasisenbun01.png

はみ出し量に負の値

はみ出し量に負の値を与えると,縮みます。
上の例で,線分MN を描画する際,線分CG との交点のところでギャップをつけてみます。
iiiHamidasisenbun02.png

複数の線分

はみ出し量やオプションが一致する場合は,複数のはみ出し線分を\iiiHamidasisenbuns で一つに
まとめることができます。
iiiHamidasisenbuns01.png

はみ出し点の保存

\iiiHamidasisenbun を実行後,
  左にはみ出した点が \hidariT
  右にはみ出した点が \migiT
に保存されていますが,直近のものだけです。
複数の \iiiHamidasisenbun を実行して,端点を利用したい場合は
  hidariT=..
  migiT=..
オプションで,右辺値に保存したい制御綴の \ を除いた部分を記述します。
例えば,[hidariT=foo] とすれば,制御綴 \foo に \hidariT が保存されます。
hidariT01.png

はみ出し点に名札

はみ出し点に名札を付けるには,オプション
  hidariM=..
  migiM=..
を用います。
hidariM01.png

関連事項


添付ファイル: fileiiiHamidasisenbuns01.png 37件 [詳細] fileiiiHamidasisenbun02.png 37件 [詳細] fileiiiHamidasisenbun01.png 47件 [詳細] filehidariT01.png 21件 [詳細] filehidariM01.png 33件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-27 (木) 19:49:00 (1149d)