\iiiPtenretu
\iiiPtenretu*

座標空間内の媒介変数表示された関数 x=f(t),y=g(t) のグラフ上の点列を
  媒介変数(複数)を指定して
定義し,名札を貼ります。
\iiiPtenretu* は,名札を貼りません。
 

定義されているスタイルファイル

Ytenretu.sty

書式

\iiiPtenretu<#1>#2#3#4#5
  #1 は key=val 形式で,\iiitenretu に引き継がれます。
  #2 は関数 f(t)
  #3 は関数 g(t)
  #4 は関数 h(t)
  #5 は点列を `;' で区切った列
  点列は
    [##1]##2(##3)[##4]
  の形式で点列を `;' で区切る。([##4]は,##4 と略記可)
  • [##1]: オプションで,点の位置に置く文字列
       (省略時は,##2 と同じ)
  • ##2: \##2 という変数の頂点名(空文字列も許容します)
  • (##3): 点の媒介変数 t(perl の計算式を許容します)
  • [##4]: \iiiPut? へ引き継ぐオプション
  • #1: key=val で,有効なキーは:
kuromaru
定義した点に黒丸を描画します。
siromaru
定義した点に白丸を描画します。

基本例

複数の点を定義し,名札(ラベル)をつけます。
iiiPtenretu01.png
  • 媒介変数tには,perlの計算式を記述することができます。
  • 点の名前と 媒介変数tを列記しますが,名前の配置を \iiiPut で行うさいの配置オプションを付け加えることが出来ます。
    上の例では
      t=π における点 P には,方位オプション [s] をつけています。方位に対しては [ ] 記号は省略可能です。
  • 配置オプションをつけない場合は,(0,0)[lb] とみなされます。
  • \iiiPtenretu* の場合は,配置オプションをつけても無視され,名札はつきません。
  • \iiiPtenretu(*) コマンドは,点列を作って \iiitenretu(*) コマンドに引き渡しています。
  • 名札は,点の名前と同じものが表示されますが,[名札]オプションをつけて変更することも可能です。
  • \iiiPtenretu* の代わりに,[##1] を空文字列にしてもかまいません。

注意事項

  • \iiiPtenretu(*) コマンドは,点列を作って \iiitenretu(*) コマンドに引き渡しています。
    細部については,\iiitenretu コマンド をご覧ください。

関連事項


添付ファイル: fileiiiPtenretu01.png 103件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 20:24:24 (2290d)