section

emathAe.sty のロードオプションです。
解答部・ヒント部にも,本文の section構造を維持することを目的とします。
 

定義されているスタイルファイル

emathAe.sty[2008/03/27]

書式

\usepackage[section]{emathAe}

基本例

emathAe.sty にロードオプション [section] を附加し:
  \usepackage[section]{emathAe}
としたときは,本文中の \section は解答ファイル・ヒントファイルにもコピーされます。
section01.png

問題番号にセクション番号を付与

問題番号にセクション番号を附加したいときは,プリアンプルで
  \def\labelenumi{\thesection.\theenumi}
などどしておく,というのは emath 以前の話であり,
ここでも有効です。
section02.png

定理型環境への対応

セクション構造をもつときは,問題を enumerate環境ではなく,
定理型環境で記述していくことが多いでしょう。
その場合の振る舞いも見ておきます。
ただし,emathThm.sty をロードしておくという前提です。
section03.png

定理型環境でsection番号付与

定理型環境で問題番号にセクション番号を付与するには
  \newtheorem{mondai}{問題}[section]
などと [section] オプションを付与する,
というのも emath以前の話ですが,
  \usepackage[section]{emathAe}
との関係をみておきます。
section04.png

複数の定理型環境

各節には,
  説明文と問が散在し
  節末に節末問題が配置される
という構成もよくあります。
section11.png

注意事項

  1. このロードオプションを使用したときは
      \section
    は改変されています。もとの \section は
      \Aesection
    の名前で保存されています。
  2. ロードオプション[section]を用いたくないときは
  • section ごとに \openKaiFile, \closeKaiFile
    を繰り返し,複数の解答ファイルを作ります:
      \jobname.k1, \jobname.k2, .....
  • 解答部では,冒頭で
      \resetcounter{section}
    として,section番号をリセットした後,
      \section{...}
        \input{\jobname.k1}
      \section{...}
        \input{\jobname.k2}
      .....
    を繰り返します。
    section21.png
    ロードオプション [section] は,上の手続きを隠蔽化したものですが,
    さらに細かいことをしたい場合は,[section]を使わず,上のリストを参考に処理してください。

関連事項

  1. 目次には,解答部の見出しを出したくない,という話題が
    掲示板 No.7147 からのスレッド にあります。
  2. ヒントファイルへの出力については, 掲示板 No.7156 からのスレッド にあります。
  3. ロードオプション
    1595

添付ファイル: filesection21p.tex 214件 [詳細] filesection21.png 206件 [詳細] filesection11p.tex 346件 [詳細] filesection11.png 213件 [詳細] filesection04p.tex 315件 [詳細] filesection04.png 206件 [詳細] filesection03p.tex 319件 [詳細] filesection03.png 219件 [詳細] filesection02p.tex 320件 [詳細] filesection02.png 208件 [詳細] filesection01p.tex 334件 [詳細] filesection01.png 224件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-17 (土) 09:37:07 (2801d)