\toukakukigou

複数の角に,大きさが等しいことを表す記号を配置します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\toukakukigou[#1]<#2>#3<#4>

  • #1: 円弧修飾
    • |: 円弧の中央に,円弧と垂直に交わる短い棒(デフォルト)
    • a: 矢印(正の向き)
    • r:   (負の向き)
    • b:   (両向き)
  • #2: 円弧の個数 (#2=0,1(default),2,3)
  • #3: 角を ; を区切りとして列記
  • #4: key=val
    有効な key は
kakukigou
角内に配置する記号
その他
\Kakukigou の [#6] 参照

基本例

複数の角の大きさが等しいことを表す記号を配置します。
デフォルトでは,円弧の中点に円弧と垂直に交わる短い棒をつけます。
toukakukigou01.png

円弧修飾

デフォルトでは,円弧の中点に円弧と垂直に交わる短い棒をつけますが,
これをつけたくないという場合は,円弧修飾オプション [#1] を空にします。
toukakukigou02.png

円弧ではなく,記号を配置

円弧は描画せず,代わりに記号を配置するには,
<#4>オプションに
  kakukigou=..
を与えます(円弧の個数を指定する<0>オプションも必要です)。
toukakukigou04.png

入試問題から

2008 佐賀大学file0107200801.tex0107200801fig.png

注意事項

関連事項


添付ファイル: filetoukakukigou04.png 233件 [詳細] filetoukakukigou02.png 218件 [詳細] filetoukakukigou01.png 225件 [詳細] file0107200801fig.png 216件 [詳細] file0107200801.tex 362件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 20:24:52 (2271d)