\zahyouMemori

座標平面に,格子のグリッド線,軸上にメモリ数値を打ちます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

  • emathPxy.sty で機能拡張が行われていますが,それについてはこちらをご覧ください。
  • emathPs.sty では,PostScript 特有の機能が追加されていますが,それについてはこちらをご覧ください。

書式

\zahyouMemori[#1][#2]<#3>

#1
g : グリッド
+ : 格子点に +マーク
o : 格子点に黒丸
z : 座標軸上の格子点に + マーク(デフォルト)
n : なし
#2
n : グリッドのみで,目盛り数値を打たない.
#3
刻み値(x,y 軸共通,デフォルトは 1)

基本例

\zahyouMemori の基本機能は
  x,y 軸上に 1刻みにメモリ数値を打ち
  + マーク
を附加します。
Ph01.png

<.> 刻み指定オプション

デフォルトの 刻み値 1 を変更したいときは <..> オプションを用います。
Ph02.png

[g] グリッド描画オプション

メモリを打つだけではなく,その点を通り座標軸に平行な直線をひき
グリッド線を描画します。
Ph-g1.png

グリッド線は破線で引かれますが,破線の形状を変えるには \hasenLG コマンドを用います。

Ph-g2.png

破線の太さ変更,破線ではなく直線で描画したい場合は, emathPxy.sty による拡張機能が必要です。

[+] 格子点に + マーク

Ph-+.png

[o] 格子点に黒丸

Ph-o.png

メモリ数値なし

メモリ数値を打ちたくないときは,[#2]に[n]を与えます。
このとき,格子の状態を示す[#1]は必ず付けた後,[n]を附加します。
Ph-2n.png

注意事項

関連事項

  1. \xmemori?
  2. \ymemori?
  3. \xPut?
  4. \yPut?
    3800

添付ファイル: fileph-g2.pdf 502件 [詳細] filePh02.png 252件 [詳細] filePh01.png 249件 [詳細] filePh-o.png 254件 [詳細] filePh-g2.png 299件 [詳細] filePh-g1.png 281件 [詳細] filePh-2n.png 292件 [詳細] filePh-+.png 249件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-06 (日) 13:20:26 (2688d)